2011年 04月 25日 ( 1 )

東京から~東日本大震災レポートⅤ

本当に余震も続くし、食料品の品薄も続くし、カッコイイこと言いたいところだけれどやっぱりしんどいですね。自分は非常時には案外強い、と思いたいところだけれど、それもどうだか。やはり東京にいたって3月11日から生活が明らかに変わったことは事実なわけで、そしてこれからもしばらくは元には戻らないと思うと、自分の忍耐力にも疑問符がつきます。
いや、大したことやってないけどさ。
ストレスだって地震とは全く無縁な職場でのこととか、くだらないものだったりもするわけで。
テレビやインターネットのニュースはなるべく見ないようにしているけど(新聞はとってない)、それでも目に入ってくるニュースに幻滅させられたり、気分を害されたり、むやみに消耗されたり。
もちろん長丁場だし、私は仕事でもプライベートでも私の役割をこのまま果たしていけばいいのだとも思う。
でも、
なんか疲れました。
正直。
一応弁明するのなら、私がこうやって愚痴りながらもそれほどではないにせよ稼いでることで、カミサンが東北からの避難民のためのボランティアに精を出せている訳で、ということは私も避難民のために間接的に役に立っているのでは、とこじつけたり。節電・食生活を始めとしたあらゆる生活の中での小さなこともやっています。
・・・。
でも福島、あるいはFUKUSHIMA、という言葉はもう1,2週間前からなのかな、完全に一人歩きを始めましたね。いろいろな意味で、いろいろな使われ方で。
一部の心無い外側の(外国とかそういう意味ではないよ。むしろ日に日に日本国内で日本人で今回の震災の外側の人間が沢山いることも悲しいまでにわかってきている今日この頃。)人間による福島、FUKUSHIMA、JAPAN、放射能、被爆者、ヒバクなどへの無知で悪意ある差別、カリカチュア、シニカル、攻撃などのニュースはとにかく私たちを最も疲れさせます。
でも逃れられないのだ。
そして、
私も絶対に逃げない。
そんな奴らのためにも死んでもここを離れないでいてやる。
離れないでいてこます。

P.S. あまりにも震災関連のニュースに疲れた方は、2月の旅行から、パリの名所の様子をレポートしたので見てみてください。下の方に行って、次のページ、をクリックすると見れます。癒されてください。
[PR]
by kento_ogiwara | 2011-04-25 00:22 | BLOG;社会福祉士として | Comments(2)