サバの塩焼き

2月があっという間に終わってもう3月、早いなあ。

サバの塩焼き

今日はカミサンが焼き魚を食べたいというので、今が旬だというサバの切り身を買って塩焼きにした。久しぶりの魚料理。大根おろしをしたかったが大根を切らしていて梅干しを代わりに付け合わせにした。梅干しも久しぶりに食べたけど美味しかった~。
f0153932_2211453.jpg

豆腐と油揚げと長ネギの具だくさん味噌汁

美味しい味噌汁が欲しくなってたので、しっかりダシをとって塩味を一切加えないでおいしくてヘルシーな味噌汁をこさえてみた。青ネギは別にとっておいて最後に味噌汁にあと乗せして風味を楽しむ。
調理中にダシが効いてるか味見にちょっと口に含むときが一番おいしい。つまみ食いがこんなにおいしいのはなんでだろう?


サーモンのカルパッチョ・サラダ。

レタス、水にさらした新玉ねぎ、それにお刺身用サーモンの切り落としをトッピング。
味付けは酢とオリーヴ・オイル、塩をかき混ぜ自家製イタリアン・ドレッシングを用意し全体にかける。最後にオレガノを振って美味しいカルパッチョの完成。
[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-03-01 22:32 | BLOG;その他 | Comments(0)

牡蠣パーティー in Feb 2017

広島の叔父さんから渾身のカキが届いた。
妻と私で調理担当、姪たち家族も呼んでパーティーにした。

ありがとう、叔父さん!


こんなん来た。

f0153932_12424940.jpg

カキフライにすべく衣をまとわせる。

f0153932_12435866.jpg

揚げる。

f0153932_12450338.jpg

揚がった大量のカキフライ。
大人6人いても腹いっぱいになるか、もうこれ以上食えない、という位の圧倒的な量。

f0153932_12463057.jpg

もう半分のむき身はカキとプチトマトのアヒージョにした。
アヒージョ、って初めて作ったけど、要は多めのオリーヴ・オイルでニンニクと鷹の爪、塩で味付けして好みの具材を入れて弱火で煮るだけ。

f0153932_12472668.jpg

ご馳走。

f0153932_12485268.jpg

さらに殻付きカキが20個も!

f0153932_12500926.jpg

殻付きカキを一番美味しい食べ方、焼きで食べる。

f0153932_12505885.jpg

牡蠣はフライもアヒージョも焼き牡蠣もどれもとてもおいしかったし、姪たちとも久しぶりに遊べてしあわせなひとときでした。叔父さん、ホントにありがとう&ごちそうさまです。










[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-02-20 13:04 | BLOG;その他 | Comments(0)

じっくりコトコト

スンドゥブ・チゲ

最近は寒いのでどうしても鍋になりがち、料理も簡単に済むし。
冬は白菜が美味しい季節でもあるからこの日も鍋にして白菜をたっぷり入れた。
しかし水炊きしてポン酢やゴマダレで食べるのには飽きてきたから、趣向を変えて、スンドゥブ・チゲにしてみた。
と言っても手抜きして鍋のスープは市販のキムチ・チゲ用スープを使用。
f0153932_9351120.jpg

入れた具材は白菜、長ネギ、エリンギ、豆腐、豚肉、タラ。
土鍋に入れて蓋をしてじっくりコトコト。
最後に卵を入れて余熱で温めた。
半熟の卵が美味しかった~。
白菜、ネギもクタクタになる前、少し野菜の食感が残ってるうちに食べるとシャキシャキでうまかった。
たまには市販のスープを使うのもいいもんだ。


カレーライス

この日は買い物に行ってなくって有り合わせのもので食事を用意しなければいけなくって、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじんがとりあえずあったので、寒いし温まるしカレーを作ることにした。
お肉がなかったので代わりにソーセージで代用した。
f0153932_953557.jpg

具材を水で煮込み、おたまでかき混ぜて、全体が馴染んでやわらかくなったのを感じたらカレー・ルウを入れて溶かし込み、あとは弱火でじっくりコトコト。
今回はソーセージからダシが出て、かなりソーセージの主張の強いカレーになった。


鶏肉のトマト煮込み

今までにも何度も作った私の鉄板料理。
寒いし温まる煮物料理を食べたいし、作りたいとの思いから久しぶりに。
鶏肉のモモ肉を800g、トマトを6個、玉ねぎを3玉、ニンニクを1房。
全て前もって皮をむいたり切ったりして用意しておく。
始めにフライパンにオリーヴ・オイルとニンニクを入れ、しばらくして玉ねぎを加えて炒める。
強火で炒め、玉ねぎがしんなりと透明になってきたら鶏肉を加えてさらに炒める。
鶏肉に火が通ったら塩コショウを振って味を調える。
そこにあらかじめサク切りに切っておいたトマトを一気に投入し、ヘラで片っ端からトマトを潰していく。
f0153932_1012568.jpg

トマトが写真のようにスープ状になったら、あとはオレガノ、バジリコ、タイムを加えて、弱火でじっくりコトコト煮込む。煮込めば煮込むほど玉ねぎの甘味が強くなる。鶏肉、玉ねぎ、ニンニクのうまみが全部トマトのスープに流れ出して、味見でちょこっと飲むスープが超美味しい!
味付けは塩コショウしかしていないのだが、むしろ砂糖を入れたのかと思うくらいに甘い。
去年池袋の滝野川大勝軒に行ってラーメンを食べたとき、スープを一口飲んで、甘い、砂糖入ってる、と思ったことを思い出した。砂糖要らないな。玉ねぎだけでこんなに甘くなるんだな。
滝野川大勝軒も砂糖は使わないであの甘さを出しているんだろうな。
またあそこのラーメン食べたくなった。
[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-02-15 10:50 | BLOG;その他 | Comments(0)

今日の晩ごはん

f0153932_1919313.jpg

ツナ・トマトのパスタ

フライパンにオリーヴ・オイルをしき、薄切りにしたニンニクを入れ、ニンニクに火が通るまで強火で炒める。
そこにホール・トマトの缶詰を一缶フライパンにあけ、トマトの固まりをヘラで潰しながら強火で火を通す。
全体が馴染んだらツナ缶を一缶加えて更に強火で火を通していく。
これでパスタのソースは完成。
別に茹でておいたパスタ300グラムをフライパンに入れる。この時パスタをざるにあげることはしないで、さいばしですくって軽く水気を切ってフライパンに入れていくと良い。
最後にソースをパスタに絡めるときは強火で熱しながら和えた方が香ばしくなる。
オレガノやバジリコなどの香辛料はあえて入れない方がツナの味が引き立つ。
食べ終わるのが惜しいほどおいしかったし、妻も食べて「ナポリタンみたい。」と言っていた。ツナとトマトとニンニクとオリーヴ・オイルだけの素朴な味が良い。

トマトとレタスのサラダ

トマトを切って手で破いたレタスの上にトッピングする。
レタスは包丁を使わないのが良い。
今日は出来合いの胡麻ドレッシングで食べた。

キュウリとワカメの酢のもの

塩蔵されたワカメを手頃な大きさで切って水で戻す。
キュウリを薄く切りワカメと一緒にポン酢で和える。
今日は酸味が欲しくて酢を足した。
久しぶりのワカメ料理に妻も喜んでいた。
1月が終わる。
速いなあ。
[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-01-31 19:44 | BLOG;その他 | Comments(0)