<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

40になった

とりたてて大きな感慨はないが、こうやって元気でこの日を迎えられたことはハッピーだな、と思う。
不惑と言われる歳で、いまだに惑わされまくっているけど、これからは少しでいいからもうちょっと動じず、できれば心は若さを保っていい年にできるようにしたい。


FOREVER YOUNG
Written by BOB DYLAN

May God bless and keep you always
神様がいつも君を祝福し見守ってくれますように
May your wishes all come true
君の望みが全て叶いますように
May you always do for others
君がいつも皆の為に尽くし
And let others do for you
皆も君に助力してくれますように

May you build a ladder to the star
君が星へ届くハシゴをかけられますように
And climb on every rung
そして、その1段1段を歩んでいきますように
May you stay forever young
いつまでも、素敵な君でありますように

Forever young, forever young
いつまでも無垢なままで、いつまでもそのままで
May you stay forever young
いつまでも素敵な君のままでありますように

May you grow up to be righteous
君がいつまでも清らかな心を持ち続けますように
May you grow up to be true
君がいつまでも誠実でありますように
May you always know the truth
君がいつも真実を知り
And see the lights surrounding you
君を包んでくれている愛情を忘れませんように

May you always be courageous
君がいつも勇敢であり
Stand upright and be strong
高潔で強い意志を持ち続けますように
May you stay forever young
いつまでも素敵な君のままでありますように

Forever young, forever young
いつまでも無垢なままで、いつまでもそのままで
May you stay forever young
いつまでも素敵な君のままでありますように

May your hands always be busy
君の手がいつも皆の必要とされていますように
May your feet always be swift
君がいつも行動的でありますように
May you have a strong foundation
君が確固たる基礎を持ちますように
When the winds of changes shift
周囲の風向きの変化にも振り回されぬような

May your heart always be joyful
君の心がいつも喜びで満ちていますように
May your song always be sung
君の歌がいつも歌われいますように
May you stay forever young
いつまでも素敵な君のままでありますように

Forever young, forever young
いつまでも無垢なままで、いつまでもそのままで
May you stay forever young
いつまでも素敵な君のままでありますように

ここをクリックして見れるのは映画“Young @ Heart”から、アメリカの老人たちが歌うロックグループの演奏。
[PR]
by kento_ogiwara | 2016-01-22 16:36 | BLOG;その他 | Comments(0)

好きな歌

いろは歌

色はにほへど 散りぬるを
我が世たれぞ 常ならむ
有為の奥山  今日越えて
浅き夢見じ  酔ひもせず 



竹田の子守唄

守りもいやがる 盆から先にゃ
雪もちらつくし 子も泣くし

盆がきたとて なにうれしかろ
帷子(かたびら)はなし 帯はなし



デスペラード(ならず者)

デスペラード なぜ目を覚まさないんだい?
ずいぶん長い間フェンスに座っているね
意地っ張りだな!
お前にはお前なりの理由があると思うけど
お前のやっていることが
お前を傷つけてしまうことだってあるんだ

ダイヤのクイーンなんて引いちゃだめだ
お前には荷が重すぎる
ハートのクイーンが一番だってことは
知っているんだろ
テーブルに並んでいるものが
僕には一番に見えるけど
お前の欲しがるものは
手に入らないカードばかりだ

デスペラード お前はもう若くはないんだ
痛みや物足りなさを味わえば
家に戻るしかない
自由、自由と人は言うけれど
おまえは一人ぼっちで
世界を歩いている囚人なのさ

冬になると足は冷たくならないかい?
空には光もささないし 雪も落ちてこない
だから昼と夜を区別することだって
難しいのさ
おまけに感情の高鳴りや
落ち込みさえもなくなっている
なぁ、それっておかしなことだろう

デスペラード そろそろ目を覚ましたらどうだい?
フェンスから降りてゲートをあけなよ
雨が降ってくるかもしれないけど
お前の上にはちゃんと虹がかかっている
誰かに愛してもらおう   
まだ間に合ううちに・・・


desperado
https://www.youtube.com/watch?v=kCdjvTTnzDU
[PR]
by kento_ogiwara | 2016-01-07 16:34 | BLOG;音楽について | Comments(0)