<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

A Small Trip To Taiwan;Part Ⅲ

ただでさえインパクトやカルチャーショックのようなものが少なかった台湾旅行だった上、もう半月ほど経ってしまったので記憶も曖昧になるほどですが、せっかくなのでアップします。

今日は、ズバリ、九份(キュウフン)です。

台北から車で50分位の郊外の町です。
映画『千と千尋の神隠し』のモデルとなった、というのがこの町の日本人観光者向けの鉄板フレーズのようです。
最近旅をしていると例えばカンボジアのアンコール・ワットでも郊外の遺跡でベンメリアというところは、映画『天空の城・ラピュタ』のモデルになった、と話されました。本当かどうかは知りませんが、古い樹木が根や幹、枝の発育が石の建物を動かして変形させたり、倒壊させたりしていて、それがあの映画のモチーフを連想させるからそう言われるようになったのかな、と思います。他にもクロアチアの港町、ドブロブニクがやはりジブリ映画の『魔女の宅急便』のモデルとなったとかも言われてますね。
あまりにジブリ映画のモデルとなった、という観光地が多いので、半身半疑で激しい雨の降る九份の目抜き通りを歩きました。
f0153932_2134118.jpg

ん?
コレは…。
確かに…、
似ている?
このように食べ物屋や土産物屋がぎっしり並んでいて、特に食べ物屋が多く、人々が思い思いに牛肉麺などを食べている。
そして道の両脇にはずっと写真のように赤い提灯が垂れ下がっている。。。
f0153932_2137634.jpg

これ、ズバリ、『千と千尋の神隠し』で千尋のお父さんとお母さんが物語の始めの方で、二人でこんな提灯があって食べ物が沢山あるところで、飯をがっついて食べて、最後には豚になってしまうシーンがありましたが、まさにそこを思わせる。というかこの提灯、確実にそうだ!
と思って今、調べましたが、宮崎監督から九份が『千と千尋の神隠し』のモデルとなったというようなことは一切公言されていないそうです。。。
しかし、歩いていて、猜疑心の強い私も、ここはホントに『千と千尋の神隠し』のモデルになっているのではないのか、とかなり強く思いました。何といっても道の両脇に続く紅色の提灯、そしてその下に軒を連ねる食べ物屋さん。「じゃあここで食ってたらオレたちも豚になるのか。」などとカミサンと話したりしながら食べ歩きました。
実際『千と千尋の神隠し』を見た台湾人たちは、そこが九份だと思った人が多かったそうです。

それ以上に九份を有名にしたのは、やはり映画で台湾の侯孝賢監督が撮った『悲情城市』の舞台となったことです。それまで台湾でタブーとされていた2.28事件について初めて触れた映画で、2.28事件とは現代台湾史を語る上で最大の事件と言っても過言ではない事件です。
政治色を感じることのなかった今回の台湾旅行、しかし九份を訪れることで、この国であった2.28事件について知ることができたのは良かったです。
映画自体は学生時代に授業で『悲情城市』を観る機会があったのですが、当時、予備知識がなかったのと、あまりすんなりその時入ってこなかったのと、もうあまりにも昔なためよく覚えていませんでした。しかし覚えているのは歴史の中で翻弄される一族の物語、そして登場人物の誰かがことあるごとに語る、「みんな一緒だ。」という言葉。
2.28事件とは、日本の敗戦によるそれまでの日本統治が終わり、その後大陸中国からやってきた蒋介石の国民党による、徹底的な本省人(日本敗戦以前から台湾に住んでいた台湾人)に対する虐殺のこと。約28000人もの本省人が犠牲になったと言われています。本省人に対して日本敗戦後、国民党とともに台湾にわたってきた中国人のことは外省人と呼ばれています。
恐怖政治で言論の自由もなかったという長い国民党支配の後、李登輝が本省人として初めて台湾総統になったあたりから皆さんも色々な記憶があることと思いますが、この映画『悲情城市』もそんな時代の流れを反映して、それまでタブーだった2.28事件について初めて触れたもの。またこの映画を見たことにより、台湾人にとって九份が台湾人としてのメンタリティのふるさととなっていった、とも言われています。
f0153932_2231298.jpg

ここは九份にある『悲情城市』のロケ現場となったレストラン。
うっすらと記憶に残る映画の中の台湾のある一族のいた建物。
なんとなく映画で見覚えがあるような古いどっしりした木の大きな円卓につき小龍包と水餃子、それに美味しい烏龍茶をいただく。
f0153932_223418100.jpg

なにせ雨がすごくて傘をさしていてもずぶ濡れで大変、写真をとっても濃い雨の水が写ってしまうくらいなのですが、下の写真の右の建物の二階部分がこの『悲情城市』レストランです。それだけでなく、階段の多い九份を象徴する場所として、ここで記念写真を撮る人も多いようです。
f0153932_22375835.jpg

エリアとしてはかなり小さいですが、『千と千尋の神隠し』のような提灯に囲まれた食堂街(といってもいいのかな、あとは土産物屋さんとかもあるけど)、『悲情城市』の古くからの台湾を郷愁させ台湾人にとっての心の拠り所ともなっている階段の町、もし時間があれば行く価値はある場所だと思います、九份。

ただ台北からのアクセスが悪く、結局私たちは行きも帰りもタクシーを他の観光客たちと乗り合いで乗って台北からの往復をしてしまいました。
バスを待っている間も豪雨でしんどかったし、本数も少なく、またコンスタントにわかりやすくバスが出ているわけでもなく。また旧正月で台湾は大連休。バックナンバーにも書きましたが、みんなこの連休、大挙して旅行や行楽する人も多いので、バスを待っても長いこと雨に濡れたまま、おそらく春節の陽明公園の時のようにギュウギュウ詰めで行くことになりそう。そんなこんなで他の旅行者をつのってタクシーをチャーターしてお金はシェアして移動しました。台湾旅行で今回困ったのは、この移動かなあ。バスの本数が少ないんだよなあ。ま、それくらいだけで、他に困ったことはなかったし、さらにバスの本数が少なくて混むのは別に台湾だけの話ではないし、それこそ日本でもいくらでもあること。まあ、これから旧正月に台湾へ行く人にアドバイスになれば。
f0153932_22552281.jpg

晴れてればなあ…。
因みに台北に戻ると雨は降っていませんでした。九份は山がちなところにあるので雨も降りやすいのでしょう。
しかしもし晴れてれば、高台にある九份から、恐らく素晴らしい眺めが見れたことか、と思います。
ま、こればっかりはしょうがないですね。
皆さんが九份を訪れる時は晴れていることを祈っております。
[PR]
by kento_ogiwara | 2013-02-28 23:11 | BLOG;その他 | Comments(0)

A Small Trip To Taiwan;Part Ⅱ

台湾2日目の様子です。
この日は春節。旧暦でいうところの旧正月、元旦の台北及び郊外の見所をさらってみました。

まずは孔子廟。
孔子を祀ったこの廟は、台湾の中でも最大とか。
私たちが行った時はちょうど、伝統的な踊りと音楽が演じられていて、しばし鑑賞しました。音楽は東洋的で、日本の雅楽にも通じるものもありました。実際、使われている楽器は日本の雅楽でも用いられているものに通じるところがあり、聴いていて心地よかったです。音楽の間は動画を回して音も録りました。
f0153932_22364521.jpg

建物と植物にも台湾に独特な美意識が感じられます。
自然の美しさと、建築の美しさがいい感じで合わさっている感じです。
f0153932_22384062.jpg

そして何といっても台湾の美意識を決定づけるものは、沖縄、もっと言えば宮古や石垣、西表に連なる八重山諸島と同じくらいの緯度にある台湾の、南国の植物と、中国の美意識のマッチが最大の見所なのではないか、と旅の前から思っていました。
ガジュマルの樹の立つところに中国建築があったらどんなだろう、と淡い期待を胸にしての旅行でした。
例えば孔子廟ではその一旦が見えると思います。
f0153932_22423082.jpg

孔子廟は近くの空港に着陸する飛行機が爆音とともに何度も低い空を飛んでくるのが難ですが、ま、仕方ないですね。そもそもそんな信仰的な場所としうより、台湾の家族の憩いの場という感じですから、そんな重厚な雰囲気よりも、カジュアルに楽しむ場所として捉えたほうがよさそうです。
隣接する保安宮へ。
途中の露店で、ネギをくるんだ饅頭、葱餅を買って食べました。コレが旨かった!今回の滞在で何が旨かったかと言われたら、前回の記事で紹介した胡椒餅とコレだ!というくらいうまかった!!!
ホント、青ネギが入ってるだけの饅頭なんだけど、コレが旨かったんだなあ~。
f0153932_2251636.jpg

腹を満たして保安宮へ。
元旦の宮は昨日の大晦日の龍山寺と同じく、線香を持って一年のお祈りをする人たちで溢れ返っている。
保安宮ってなんだ?と思うかもしれませんが、やはり、神農大帝や関羽などを祀ったお祈りの場所なのです。
f0153932_225556100.jpg

私も前日の龍山寺に行った時と同じように今年の楽しく、明るい、充実した、そして穏やかな1年を祈念してきました。
午後は郊外にある陽明山へ。
なんとなく、季節がら、花がたくさん咲いているだろうな、と思って、花で有名な陽明公園に行ってみました。陽明公園は、陽明学を築いた王陽明にまつわる公園らしく、公園内には王陽明の銅像も立っていました。儒教、道教、仏教、陽明学など、様々な宗教や思想がやんわりと広がった感じです。
f0153932_235159.jpg

有名な花時計。
ガイドブックなどでもよく写っている陽明公演の象徴的なところです。他にもこの季節は梅が沢山咲いていました。
f0153932_2392698.jpg

あと、ええ、まあ、リスがたくさんいまして、これもアトラクション的なものなのですが、子供たちもこのように喜んでいました。かくいう私もつい興奮してリスを写真撮りまくってしまったのですが・・・。
f0153932_2314210.jpg

ここ陽明山は夜景スポットとしても有名らしく、晴れていれば台北の街が一望できます。
さすがにここに夜までいるのは帰るのも大変だし、外国人旅行者には難しいことと思うし、宿もあるけど、宿までとってここに1泊するのは日程的に勿体ないな、と思います。
せめてもの夕方にはいるころの台北の街の様子を陽明山から。
f0153932_23374759.jpg

帰りは長ーいこと台北市内に帰るバスを並んで待って、バスの本数の少なさとそれに反比例するような人数には少々苦労しながら台北までもどりました。
その日の晩飯は今まで東アジア圏に行ってもお金が高いのを怖がって入らなかった火鍋をつつきました。日本円で1000円しないくらいで肉も野菜も魚介もご飯も食べ放題。コレは台湾版モーモーパラダイスだな、とかカミサンと話しながら満喫。台湾ビールも解禁しちゃいました。
おいしかった。ハフハフッ!
f0153932_2321492.jpg



オマケ。
f0153932_23243899.jpg

整形のポスター。
整形前の顔が面白い。
台北で渋谷的な雰囲気である西門の市街地にて。



という感じでユル~イ、ゆったりとした台北散歩を満喫できました。

快適だったです。
[PR]
by kento_ogiwara | 2013-02-17 23:25 | BLOG;その他 | Comments(0)

A Small Trip To Taiwan;Part Ⅰ

週末の連休を使って台湾に3泊4日で行ってきました。
初、台湾、デス。

こんなに緊張感もなくて刺激も少なくて突っ込みどころが少なくて(突っ込みどころが少ないのが突っ込みどころ?)、ただただ快適な海外旅行というのは初めてです。結果として今までで一番リラクシングな滞在だったと思います。

ちょっと詩的な言い方をすれば、ただ名前もない町で、どこでもないところで、日本での日々の日常から完全に隔絶されて、まるでエアポケットに入っていたかのように過ごした4日間でした。私たち夫婦も一度もケンカしなかったし、また日本人以上におっとりのほほんとしている台湾の人々の中で、ケンカをしている人を見ることも、陽明山というところに行った帰りのバスに並んでいるところで、ある若い夫婦がどの列に並ぶか、座って帰るのか、立ってもいいから早くバスに乗るのかもめていたのを見たくらい。もっともその夫婦もいざバスが来るや一致団結してバスに走っていてその息の合い方たるやコミカルでしたが。
ここ最近、どこでもないところ、へ行きたいなあ、と思っていたし、U2の曲でも“where the streets have no name”という曲があって好きだし、まさに“nowhere”に行けた、と思います。
もちろんそこは台湾という国であり、台北という町であり、あるいは九份という町であったりしたはずですが、カルチャーショックみたいなものもさしてなく、眼前に頑として“異国”が立ち上がったわけでもなく、自分たちが異邦人であることを感じさせられることもさしてなく、ただ日常の中に空白、まさにVacanceを持つことができて、そういった意味では新しい体験でした。いい気分転換になったし、それまでのプロセスやいろんなことの蓄積や重みから完全に解放されて、少し新しい日々が始められそうです。気持ちが良くも悪くも軽くなりました。
で、台湾に着いた夜がまた旧暦の大晦日だったんだよね。
店などがほとんどしまってて人々も外に出ないで家で大掃除をしたり家族と過ごしたりするから、旅行には最悪の時期、という観測もありましたが、それをよそに、大晦日の台北は大晦日ならではの盛り上がりを見せていて、これがまた貴重な体験となりました。以下、大晦日の台北を写真つきで簡単にレポートします。
それ以外の日の旅の記録はまたおいおいえっちらおっちらアップしていけたら、と思います。
宿について簡単に小腹を満たして、台北最大の見所とも言われる龍山寺へ。

さながら浅草や上野に初詣でるように人々の大挙した群れが寺中を満たしていて、みんな大きな線香を火をつけて持ってわらわらと参拝したり遊んだりしている。あの人ごみ、あの密集の中、線香持ってよく火傷騒ぎとかにならないなあ。厄除けの人たちは境内に入ってお経を読んでもらったりしている。
f0153932_2323283.jpg

歴史好きの私は三国志に出てくる関羽が祀られていたり、関羽の腕の怪我を直した名医、華佗が祀られているのを見て面白かった。宗教は仏教色は極めて薄く、祀られているのは歴史上の人々であったり、道教的な世界観の方が強いかな。私も参拝して改めて今年の、明るい、楽しい、充実した、そして穏やかな一年を祈念してきました。
f0153932_2256112.jpg

そうしている間も写真のように爆音とともに打ち上げ花火がひっきりなしに鳴っている。宿まで私たちをピックアップしてくれた人が、爆竹も凄いから、戦争と勘違いしないで、と言っていたが、確かにあの凄まじい爆音の連続は台北のそこいら中で局地的な銃撃戦が起こっていると勘違いしてもおかしくないくらい。
f0153932_236238.jpg

龍山寺界隈の夜市。コレを見れば台北の人々がどれだけ大晦日に外に繰り出しているかわかるというもの。ここもそうだし、夜市はだいたいどこもラッシュアワーのように人がギュウギュウに列をなし、人の波に揉まれるようにしか動けない。凄い繁盛ぶりだ。
そうなっている間にも花火は爆音を轟かせ鳴り続ける。
いったいどこの誰が台湾の旧正月は外には人がいない、なんて言い出したんだろう。
f0153932_23104334.jpg

食べ歩きは最大の目的の一つ。
大陸中国でも盛んな羊肉串を買って食べる。美味しかった!
こういう露店が夜市の道の真ん中や両脇にぎっしりと並んでいる。いろんな肉が串焼きがあるけど、ここではコレと、豚肉の串も食べた。ハオチー!
f0153932_0443667.jpg

コレは食べ歩きでも旅の前からカミサンとガイドブックなどで、食べたい!と話していた胡椒餅。カリッと揚げたまんじゅうの中に胡椒の効いた肉が入っている。肉汁もジュワーッと出てきて美味しい!
こんな風に夜市を満喫して美味しいものを食べて、足裏マッサージも受けて、まるで浅草や上野辺りのような雰囲気の龍山寺及びその近くの華西街観光夜市で大晦日の夜を満喫したのでした。
f0153932_2331723.jpg

喉が渇いたのでミックスジュースを飲む。
なぜミックスジュースとわかるかというと、“総合果汁”と書いてあったから。
漢字でだいたい何かはわかる。面白いものも沢山。例えば、熱狗、と書いていたらなんでしょう?熱い犬?
答えは、ホットドッグです!面白いでしょ?食べ物とちょっと違うけど台北で今回“レ・ミゼラブル(『ああ、無情』)”が映画館でやっていたんだけど、ズバリ、『悲惨世界』と相成っていました。他にも沢山面白いけど、ふーむ、納得、という漢字が沢山ありますよ。
f0153932_233642.jpg

最後に龍山寺にあった華佗の絵を貼っておきます。
古代の中国ってホントに憧れるものがありますね。私も屈原や李白のようなな太古の詩人たちを読んで、往時を偲んで感じることができたらどんなにいいかなあ、と思います。

ひとまず台北の大晦日レポートはこれにて。
その後の滞在記も乞うご期待!!!
[PR]
by kento_ogiwara | 2013-02-13 23:45 | BLOG;その他 | Comments(0)