<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5年

今日で介護業務の実務経験が5年を満了した。
いや、ホントはもっと早くてもいいんだけど、前にいたところの実務日数が月〆以降切捨てだったり。あるいは他のもう一か所は、介護福祉士取得の時実務経験を2年前に申請したとき、返信用の封筒に切手まで貼って送ったのにシカト、何の連絡もないようなダメダメ事業所だったり。まあそのダメダメ事業所はそういう面でダメダメな以上に認知症老人に対する完全にバカにした態度などで今でも許すことはできない事業所なんだけど。

はあ、めでたいことなのにまた愚痴になっちゃったな。

えと、5年介護業務の現場で働くとケアマネージャーの受験資格が得られます。
一杯一人で焼き鳥で祝杯あげてきました。

自由、ですね。

もうなんだってできる。

っていうのはウソで今年これから受けるケアマネージャーの試験に受からなければケアマネージャーにはなれません。だから勉強しないといけないし、勉強してる間の収入も必要なのでぶっちゃけ明日からも普通に出社するし、少なくとも最速でもケアマネ試験が終わる今年度一杯まで何も変わりません。

でもね。

あたしこのためにずっと頑張ってきたんだあ。
今の仕事だって楽な仕事じゃないし、というか正直辛くなってしまって一旦上司に辞めたい願望を伝えたり、あるいは、いろいろ考えめぐらせて、でもそうしてもダメで、

もう限界だ・・・、

これ以上は無理。

と思ったこともあったさ。

でも少なくとも、法的には縛りのあるこの5年を満了することだけを目的に置いて、真っ白になりながら頑張ってきたんだ。

焼き鳥屋で皮のタレとか食いながらも幸せなような、涙ぐむような、まあ要するに色んな思いや言葉が溢れて来て、

ほったらかしにしてたこのブログに、
誰にでもないかたちでこのことを伝えたかったんだ。

この5年。

この5年のためにオレは多くの人を不幸にした。心配をかけた。世話になった。
給料は安かった。そのことは家族に多大なダメージを与えた。
オレもそれをわかってたから毎年のようにダブルワークをしたり、そしてその度に調子を崩したり、転職を考えたり、迷い迷って自分自身憂鬱になったりした。
でも自分を責めることは決してしなかった。

たまに、ことあれば、人に迷惑をかけるな、という人がいるがそういう人ほど迷惑をかけまくってるのを山ほど見てきたし、ま、迷惑を人にかけない人などいない。迷惑をかけたり、あるいは助け合ったりするのが人間間の世界だと知ってるし。そういうのが嫌なら人間を捨てて仙人にでもなればいい。でも仙人になったってそれはそれで、あいつ、仙人になりやがって、となるから仙人になるのも迷惑なのだ。死ねばいい、という考えも同じ。

人との関係性からは逃げられないのだ。
いっかい過去に関係性から隔離されて動けなくなったことがあるが、そんなオレも周りから見れば迷惑だった。そんなこともわかってて、なおさら自分の存在が疎ましかった。自分がこの世界で、つまり人間たちとの関係性の中で有機的なものであること、あるいは有意であることが耐えられなかった。
潔癖だった。
その代わりに得ていたものが自分は清潔であるという報酬だった。

死のうとは思わなかった。

理屈抜きに生きると決めた。
理由は要らなくて、むしろそこを前提とした。

やがて潔癖から、有機的に生きていくためにオレは感情という下品なシロモノを最大限大事にして、世界や人間の関係性の世界の中を汚れで掻き乱すことに専念していった。オレの哲学はそうやって生まれてきた。そしてその潔癖とその反動からくるこの哲学は今の仕事にすこぶるフィットした。

5年の介護業務。

そんな人いくらでもいる。
と同じくらいか明らかにそれ以上はるかに多くの介護従事者で5年勤められない人がいる。
できた人はまあ向いていたのだろう。オレにしたって今の事業所でオレと同じステイタスの同僚の中では男で一番長い。まあ向いてたんだろう。向き不向きはなんにでもつきものだ。
オレが5年できたのはそんなこんなでオレの哲学と、それ以前の潔癖経験、解釈を全て不潔と感じて嫌う感覚がオレの体の中で培われていて、そのわからない世界をわからないままで生きていくことにオレは強かったんだろう。
向いてたんだ。

オレがなぜ自責も自罰にもいかなかったか、
この仕事をやっていてたくさんの障害者やその家族たちにふれていれば、自分が役に立ってないと感じるわけがない。この世界のホンの1部分での出来事かもしれないが、それをやるのが福祉だ。どんなにささいで、この世界のホンの一部分にすぎなくてもマイノリティの側に立つ、ということだ。
オレの天邪鬼な性格もその動機となった。
福祉、の中では皆さんご存知の超高齢少子化社会にあって、実入りがいいのはむろん圧倒的多数の高齢者だ。介護保険もある。ビジネス・チャンスととらえる人もたくさんいる。
その中で障害者は圧倒的マイノリティだ。乳幼児保育などと同じように圧倒的マイノリティだ。
国は儲かることしかやらないから、当然マイノリティは見捨てられる。
だからやった。
だから選んだ。
そんな自分を誇りに思っていた。もちろんこの仕事自体誇り高く思っていた。
当然ワーキング・プアだし、友人で生活保護のケース・ワーカーをやってる奴は、オレが何の気なしに言ったオレの生活のちょっとした貧乏な断片を聞くたびに、本当にそんな人いたのか!とばかりに驚いてるし、まあ生活保護受給者よりもヒドイ、と言う。当たり前だ。だからワーキング・プアだって言ってんじゃん。

オレの稼ぎの悪さを悪く見る向きもあった。その度にオレは当然イラつき、自分の自尊心からオレの仕事の価値をわかっていないそういう連中のことを軽蔑した。決して自分のことは責めなかった。絶対に必要な仕事だし、誰もが嫌がるような仕事を自分の意志でやってる、という強い自負があった。
そしてその認識は事実だと思う。

もちろん葛藤はあった。
多くの人の手助けにもなったかもしれないが、あまりにも私の近しい人たちに心配や気苦労をかけさせ、労力をつぎ込ませ、不幸にした。それもわかってるからダブルワーク、フレンチ・レストランでのジャズ・ピアノ演奏から、塾で英語を教えたり、とにかくジタバタした。そしてその度に疲れた。

それでも5年できたのは、向いてた、というのもあるが、自分を褒めてやっていいことだと思う。
そもそも英語もドイツ語もジャズ・ピアノも何をやらせても、あと一歩が出ない、抜きんでない、何も形にならずに来た。もちろんワークライフ・バランスも考えたさ。メシ食っていかなきゃならないのはもちろんとして、自分にとってピアノなどの音楽や、あるいは時たま海外や行ったところのない所を旅するのは趣味、というかもはや必要なこと。人生に多くを求めすぎてるのかもしれない。
ともかく何をやっても中途半端、モノにならない丸出ダメ男の私がついに5年という目安としていた目標を挫折前にクリアしたのだ。良かったじゃないか。ある意味誇ってもいいんじゃないか。

エクスキューズをさらに続けるのなら、確かに自分の好きなようにやってるかもしれないけど、家事や家のこともちゃんとやってんだぜ。この数か月はカレー、シチュー、豚汁などをだいたい月曜日に大量に作って、一日目はそのまま、2日目はちょっとバリエーション、3日目はそのままカレーうどん、豚汁うどんなどして財布にも体にも優しい食生活を作っている。今日たまたま職場の健康診断だったんだが、見事腹回りが5センチ細くなって体重もちょっと下がって相変わらず60キロ台後半だ。178センチが身長だからイケてる30台のオトコの体をキープしている。洗い物、洗濯、風呂入れなんだってやってる。

貧乏自慢ばかりだけど、好きでやってることじゃないか?と9割方の人間に言われるんだけど、それに対する意見は前にこのブログに書いたこともあったような気がするし、まあ省くけど、まあそんなこんなで安い給料でやってきた。5年。

私の持論で絶対に動かせないのは、マイノリティが捨て去られるべきではない、この一点に尽きる。
捨て去る、の意味とは、例えば飢え死にして孤独死して腐敗臭を発してから発見されるようなことは許されない、ということだ。まあ最近知的障害者・及びその家族のそういった事件が多発してるし、テレビや新聞にも報道されてるようだからそこらへんの事情のことは私よりもむしろ皆さんの方が詳しいのかもしれないが。

とはいえ、私はそうやって自分の信念のもとに頑張ってきたが、それでもあまりにも多くの人を不幸にし過ぎた。金が必要だ。

ケアマネに受かったら福祉業界でトップの賃金相場を誇るケアマネになって、少し私の家族を安心させたい。というのはかっこつけ過ぎた。及び、というか何より私自身が安心したい。この付きまとう生活不安を払拭したい。障害者福祉の現場はサイコーだ。私がもうからこれ4年半一緒に過ごしている知的障害者の共同生活者たちはサイコーなやつばかりだ。あんなサイコーなやつら、いまの現場に来なかったら出会うこともなかっただろう。サイコーの出会いだったし、これだけ一緒に過ごしててもまだ新しい魅力や考え方やフィーリングを見せてくれる。私の36年の人生の中で、私は20前後に自分の人生にとって重要な今に繋がる出会いをたくさんしたな、と思っているのだが、この30代での出会いはそれに匹敵するものなのだろう。
いつかケアマネの仕事が決まった時はさよならしないといけないだろう。わりかし近いうちにその日は来るのかも知れないし。
まあともかくオレが言いたいのはあいつらサイコー、ってことだ。
私は彼らに相当の部分、この5年、救われた。救い、救われてたんだ。

5年。

たくさんのことを失ったと思う。
私の最初の10何年を費やした語学の鍛練と国際経験、留学経験、そこから来た語学力は完全に忘れ去られた。もう私は比較的流ちょうな外国語を操って世界を飛び回っていたあの頃の若者じゃない。語学力だけでなくセンスや国際感覚、世界のいろんなところで起こっていることへの当事者意識、同時意識、感受性、共感、そういったものが失われた。もう全ては他人事だ。イロニカルなことに。これだけ現場で感受性と共感と五感もろもろを駆使して働いて、散々障害者やマイノリティたちへの共感を訴えているのにね。もう何もできない。もう社会福祉士ともいえないね。疲れちまったのもあるかもしれないけど。
感受性の鈍麻はあらゆるところに影響を及ぼす。大好きだった音楽、ピアノ、そして海外やその他行ったところのない所への旅におけるその土地での感じ方なども。もう昔のようにはなれない。
しかしジョニ・ミッチェルの“青春の光と影”の歌詞のように、いつも日々の中で、何かが失われ、何かが生まれてる、のなら、この5年は私に何かを与えてくれている、とかなんちゃってな希望的観測も仮定してみることもできるかもしれない。仮にホントにそんな大層なものがあったとしても今はそれが何なのか見当もつきゃしないけどね。

ともかくも5年間お疲れさん、オレ。
今日はお休みなさい。
[PR]
by kento_ogiwara | 2012-05-31 21:02 | BLOG;その他 | Comments(0)

Shanghai Up-Dates

4月21日

ゴールデン・ウィークの上海行き決定。
昨日一昨日思い立ち、昨日有給をとり、今日航空券を手配した。よ​くある売れ残りパックで4日宿泊込みで6万円。上海は今は東アジ​アの中心だけど、そういう上海にかこつけて都会は避けて近くの蘇​州や水郷集落を訪れて、太古の記憶に想いを馳せるのだ。
f0153932_20142521.jpg

5月4日

とりあえず上海から帰ってきています。しかしパソコンがまた壊れ​、メール・チェックとかしないといけないからインターネット・カ​フェに来て今コレ書いています。
上海はよかったですよ。太古の記憶に浸るもくろみは、メーデーを​中心とした連休で大挙して上海および近郊にやってきた現代中国人​たちの圧倒的パワーと数によってもろくも崩れ去りましたが。でも​相変わらずおおらかでいい人が多かったです。フランクで大雑把で​おおらかで自由で。ホント、旅してると中国人はいい人だ、と多く​の人が言うのがうなずけます。
f0153932_2017839.jpg

ここは上海からバスで1時間半くらいの蘇州の方にある同里(トンリー)という水郷古鎮。古くからの水郷運河と退思園という江南式庭園で世界遺産にもなっている庭園でも有名なところです。

5月6日
パソコン、直った、というかとりあえず使えるようになりました。
上海の写真とかまたアップしていきますのでまた今度。。。
プロフィール写真は上海の中でも最も中国的と言われている豫園という庭園です。周りも中国的な建物が一杯で、日本で言えば浅草なんていう人もいたけど、エリアのでかさも、人の数も浅草の100倍位でした。
写真は庭園の外の店舗街の様子。
f0153932_20211039.jpg

5月7日

上海、ありえねえー!シリーズ。
饅頭にストロー。
なんかみんな食っててうまそうで、露店でカミサンが買ったのだが、中国語は私もカミサンもごくごく少量しかできない。しかしカミサン、気合いで“パオ!”(包)と言って通じさせたらしい。うーむ、身内を褒めるのは美徳ではないが、妻も随分たくましくなったものだ。
でこの包だが、饅頭のなかはもっぱらコクのありちょっと生姜が利いた、それこそ“タン!”(湯)が入っている。むっちゃ熱い。
しかしストローって・・・。
情緒ないし熱いし。まあみんなそうやって食ってるし、しかも旨いからいいんだけどね。
ま、日本ではありえないですなシリーズ、ってことで。
f0153932_202154100.jpg

5月17日

上海、うまいもんシリーズ。
いろいろ食ったけど、コレが一番印象深い。もっともいろいろ食ったって言っても、上海のごく普通の生活者たちが食うような安メシ屋でしか食ってないけど。
ズバリ、揚げたカニです。
上海だけど上海蟹ではありません。上海蟹は高くて、高くてびびってそういう店には入れなかったので。上海蟹ではないけど、上海の豫園の界隈で並んでテイクアウトで食べたもの、そしてこの蘇州、同里(トンリー)で食べた揚げた沢蟹のようなものはホントに旨かった!!!
まずでっかい籠の中に生きた5センチ位の蟹がうじゃうじゃいて、それを3匹位串刺しにして、衣付けて揚げただけ。コレが旨い!!!
甲羅もなにも関係なくバキバキ食っちゃう。よく揚がってて甲羅もそんなに固くなく、むしろ香ばしいくらい。
うまかったなあ~!!!!!
f0153932_20231313.jpg


まだまだ突っ込みどころ満載なのでまた時間みつけてポチポチUp-Dateしていきます。
乞うご期待。。。
[PR]
by kento_ogiwara | 2012-05-21 20:24 | BLOG;その他 | Comments(0)