<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

もう1個片付けた。

19歳の時インドネシアを旅してた時につけてた日記を原本にした紀行文、簡易製本まで終わらせました。

タイトルは、

『ボルネオの森で』

デス。

滅茶苦茶面白いです。

最初、日記をそのままワードにおこしただけのものを家族や友人に読んでもらっていたのですが、つまらない、と非難轟々。ま、19歳のガキの個人的な日記を見ても面白い訳はやっぱりなかったのです。

んで、つまらないところを抜本的に削除して、赤字あわせをして誤字脱字を修正、わかりにくい表現は全て平易になおし、読者にとって新しい単語には全て注釈を加え、地図を加え、写真を加え、かなりトリミングして、誰が読んでも楽しめる、敷居の低い紀行文として生まれ変わらせました。

出版してくれる出版社募集です。

またこのブログを読んで、読んでみたい!と言う人がいても遠慮なく見せますYO!


いやー。14年前の旅に今頃になって決着をつけるたあ悠長なことだが、一つ、また自分がやってきたことに対して整理をつけることができました。
後は去年録音した5作目のアルバムだな・・・。
それが終わったら晴れて自由の身だ。
[PR]
by kento_ogiwara | 2009-04-13 22:00 | BLOG;その他 | Comments(0)

ダブルワークの衝撃!!!

もう最近何が何だかサッパリわからなくなっているケントさんですが、
何が何だかわからないうちにダブルワーク始めました。

と言っても普段は定時であがれる仕事だし、とりあえず週1で塾講師を現場あがった後にやることになっただけの次第でありますが・・・。

で今日初出社@塾だったのですが、

驚きました。

その弛緩した塾の雰囲気に。

なんかもう、あのーー、仕事して、いいっすか?とこっちが社員さんたちに言いたくなる感じ。

まず学生さんたちと思われる講師さんたちと生徒の区別がつかねえ。
こんなこと書くと、ケントさんもオッサンになったなあ、と思われそうですが、もう高校生の生徒さんとかと大学生の講師さんとかだともう年齢的にももうケントさん的には同じカテゴリだし、見かけも雰囲気も違いが大してなくて、緊張感のなさも同じようなもんだし、いや、こんな時代にあるところにはあるもんだねー。こんな職場。

まあさ、大学卒業してケントさんも同じように塾講師しながら食いつないでいたわけだけど、それからあまたの仕事を経験して、プライベートでもでっかいシャレにならないようなことをいくつも経験して、今では、ぶっちゃけ今日塾から帰りについ思ってしまったのは、障害者福祉の仕事って、一番ヘヴィーで一番給料安いところで働いちゃってるのかなあ、オレ、とか思っちゃいましたYO!

いやー、平和だ、ニッポン!

そんな風に思うよ、あの塾にいると。
あるところにはあるもんだねー、金。

普段の現場では障害を持ちながら一生懸命生きてる利用者やその家族とガチンコの、時には大きな事故や生死にさえ関わる仕事をして、しかも救いようもないほどみんな切実に生活に難しさを感じて、ケントさんもまあシャレにならないほど貧乏で、金なんてどこにもなくて涙が出ちゃう・・・、ってカンジなのに。

それに対して、弛緩した塾の現場と、それにお金を払う親御さんと、親に言われるがままに塾に来る勉強する気のない生徒。そっから金をもらうオレ。

まあ、ここまで逆の意味で塾の現場に衝撃を受けてしまうのは、それだけケントさんが現在33歳になるまでに相当鍛えられたか、あるいは普段の知的障害者の現場が、ケントさんが自覚している以上に非常に難易度の高い、緊張感の高い、ヘヴィーな仕事なので、相対的に塾の現場がひどく弛緩した、ヴェリー・ピースフルで呑気なものに思えるのかなあ、と思ったり。

まあ、とりあえず週1のダブルワークはそんな訳で、それ程大変なものではなくなりそう。始める前は体力的に不安で、結構緊張してストレス感じたりしてたけど。

まあ、週1で塾講したってスズメの涙ほどの金にしかならないし、まあテキトーやってこ。うざくなったらダブルワークなんて辞めていいんだし。

まあ、とにかく衝撃でしたよ。
もういったい何が何だかわからねえ。

不思議の国、ニッポン!!!

そしてオレは一体、何をやってるんだぁ~~?
[PR]
by kento_ogiwara | 2009-04-09 21:53 | BLOG;その他 | Comments(0)