<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

人に優しい

オギワラくんが働いていて思ったことを徒然なるままに書くなり。

この知的障害者と呼ばれる人たちは、優しい人が多い。
他の人が汗を書いていたら拭いてあげたり、
落し物を拾ってくれたり、
麦茶をついで持ってきてくれたり、
まあ、そういう些細なところではあるかもしれないが、
優しい人が多い。

んで、なんでこの人たちは優しいのかなあ、と思ったのだが、
まあ、育ててくれた親やその他の人が優しかったから、自然に優しい振る舞いが多いのかな、とも思うのだが。
正直、まったく疑いようもない純粋な彼らの優しさを見てると、
人間は生得的に優しい生き物なのかな、
とまで思ってしまったのであるよ。

まあさ、そりゃそんな大雑把な話はどうでもよいのかもしれないし、まあなんというかなんだけれども、彼らの優しさのその圧倒的な優しさに触れていると、そんなことを考えてしまうわけさ。
アレは、そうしろ、と教えられてそうする優しさとは別モノとしか思えない。

オギワラくんみたいにヘタにスレた人間だと、優しさと言っても、まずなんというか、オトナの理屈、というやつに殆どの行動言動が支配されているし、友人はじめ、健常者間のやりとりにおいて優しくされると、まずその訳を考えたり、どうして優しくするのかその利害関係を考えてしまったり、まあひどいスレようなわけですが・・。何の見返りを求めて優しくするのか、とか、考えてしまいます。むろん、こっちが人に優しくする時も、そこにはなんらかしらの理由があるわけで、まあ色んなカタチでの見返りをどこかで念頭に置いていたり、まあ、まったくスレたもんです。

知的障害者と呼ばれる人たちは、そこんとこ、そういうオトナの理屈とは無縁なところで、ただ、優しい。
人の誕生日には本当に心から、おめでとう、という気持ちをそのまんま表したり、人がちょっと調子が悪い時は心から心配して気が気でなくなったり。
こちらが言うことも全身で聴いてくれるし、だから気に入らない時は気に入らないことは気に入らないし、気に入らない、と全身で伝える。
オギワラくんのことをよく聴いてくれてる。

なんか、チクッとすることを言うようだけど、夜学の基礎心理の先生が、
「健常者と障害者だったら障害者のほうが全然話をよく聞きますよ。
健常者は聞いてるフリをするのがうまいだけですよ。」
と言っていて、オギワラくんもそれにちょっと痛快なものを感じたのを思い出した。

まあ、そんなこんなで、なんとなく日頃の感想を交えて一つの仮説を宣言します。

人は生得的に人に優しい
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-06-24 20:37 | BLOG;社会福祉士として | Comments(2)

貧乏慣れてきた

何気に先週に引き続き節約生活を送っているが、それと気がつかないくらいに貧乏に慣れてきた。

月曜日 うっかり買ったガム120円
      チンゲン菜104円
      豚小間104円
      チンゲン菜と豚小間は広島でかつて買った即席尾道らーめんの具。
火曜日 レタス104円
      パスタ104円
      パスタはもらいものの即席アラビアータにして食った。ベーコンを先週の金曜日に
      買って半分残ってたのでそれも入れた。レタスはマヨネーズつけて食った。
水曜日 サバ4尾398円
      納豆6個134円
      豆腐2個 144円
      この日はサバ塩。味噌汁には豆腐と残ってたチンゲン菜。ご飯には納豆。
今日   レタス104円
      今日はサバに塩コショウして小麦粉をまとわせオリーヴ・オイルで軽く揚げるように
      火を通して、とりいのタイ土産の甘辛チリソースをつけて食った。レタスはマヨネー
       ズつけて生で食うのと、昨日の豆腐と一緒に味噌汁の具にした。ご飯には納豆
       もつけた。

これの他の出費はタバコ1個か2個、飲むヨーグルトを2回くらい買った程度。

ま、いずれにせよ15食食う中で2000円を超えたか超えてないかの賢い食生活。
しかも苦痛ではない。

おで、やってけそうだ。

体重も低いラインをキープしている。

しかし、おで、顔の太りが抜けない。
ハラとか引っ込んできたのに、顔がタプタプいってるから痩せたと言っても説得力がない。

あと最近お通じが悪い。

食う量が減ったことが関係してるのだろうか。

食う量が減っているのに顔がタプタプしているということは本来便器の中に行くべきものが顔にきているのだろうか。

謎は解けない・・・
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-06-19 21:24 | BLOG;その他 | Comments(6)

しょっぱい

引き続き家計簿代わりに今週の出費を書くと、

水曜日
どーしても「コンビニで買い物がしたい。」と思い買ったヨーグルト104円
f0153932_19359100.jpg
















木曜日
うっかり水曜飲んだ缶ビール(家に2缶あったので飲んだ。飲まなきゃやってられなかった。)のせいで、やや体重が増えたので、うっかり買ったヘルシア・ウォーター189円、タバコ300円
f0153932_1943638.jpg
















金曜、今のところ金は使ってない。

よって日曜390円
    月曜  0円
    火曜404円
    水曜104円
    木曜489円
    金曜  0円

と、かなり節約できた。
しかも木曜には職場から帰る途中で100円拾った。←(んなバカな・・・、というみなさん、これマジなんですよ。マジで神の存在を疑った。)

と、散々貧乏自慢してますが、実際オギワラくんは本当に貧乏だけど、一方で本当に貧乏ではない。I mean, 生きるか死ぬかという貧乏ではないし、最悪死にそうになったら親族だろうが何だろうが頼れるものは頼れるし。そうしたくは極力ないけど最悪働き方変えて、お金追求するという手もあるし。まあお金のみ追求で仕事一本で生きていく自信は正直ないけど。

ま、そんなことはさておき、

1週間こうして過ごしてみてわかったこと。

・貧乏すると痩せられる。この1週間で体重が2~3キロ痩せた。一つのダイエット方と言えそうだ。
・オギワラくんは節約・貧乏生活に耐えられない。SUSHIのない生活は心が荒む。時々パーッと散財しないと精神衛生に良くない。
・さらにパーッとしなくても、気が向いた時にコンビニとかで買い物ができない生活はイラつく。言ってみれば消費中毒。いやね、別に高いものなんてもともと買いやいませんよ。ただ、例えば、「あ、ガム欲し。」と思ったらガムが買えなきゃイヤ。「チョコ食いてー。」とか「DVDでも借りるか。」とか、とにかくそういうの全部我慢するのやだ。食い物が足りてて、お腹一杯に食っても、レコーディングがはかどっても、そういうちょっとした消費を我慢するのって、凄いストレス。
ま、笑ってくださいよ。所詮オマエも大量消費社会の申し子だと。
・今週カミサンがメシを完璧に作ってくれたので、あと現場では栄養士の考えた利用者と同じものを食うのでそういうのを食ってるとこのように痩せるが、ちょっとコンビニのヨーグルトとかなんつーか「テンヤモノ」をそういう時に体に入れると、なんつーか、太りやすい・・・。変な異物感みたいなものも感じる。
でもおいしい・・・。

昔インドネシアで3週間位辺境フローレス島の冷蔵庫のない常温世界で夏なのにぬるい紅茶や現地の食べ物を食べ続け、船でカリマンタン島のバリクパパンという大都市について真っ先にケンタッキー・フライドチキンに行ってチキンとバーガーと氷入りのコーラを貪るように食ったことがあるが、資本主義・大量消費社会的食い物に結局オギワラくんはアディクティッドなんだな。

日高屋のとんこつラーメンとか好きだし、松屋がなかったらオギワラくんはどーしたらいいかわからなくなってきょどってしまいそうだし。

しかし今は日高屋のとんこつラーメンも松屋の牛定も食べるのも冒険。金欲しい。

最近うちの現場がある求人誌に募集出したんだけど、そこにはなななななんと、
資格不問
の文字がっ!

社会福祉士の資格をとる流れで、まあ低待遇なのは(ある程度)知ってて今の現場にいるわけだが、なななななんと資格不問とは・・・、なんとイロニカルな・・・。


とまあ愚痴に終始した今回の投稿ですが、これは単なる愚痴で、大した問題ではないので、次回をもっとオモシロオカシイ投稿を心掛けます。
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-06-13 19:06 | BLOG;その他 | Comments(0)

「SUSHI・・・?そんなものはない。」

金欠である。

そしてよくそれにオギワラくんは耐えている。
日曜の昼に立ち喰いソバで390円使って、夜はあり合せの物でカミサンが作って、

f0153932_23143034.jpg
















昨日は金を一銭も使わず、今日はタバコ(300円)とレタス(104円)しか使ってない。
f0153932_2315324.jpg
















昨日も今日も晩メシはカミサンがあり合わせの物で作った。たいしたもんだ。
f0153932_23162382.jpg
















明日の食い物も明後日の食い物もカミサンがさっきまでで作ってしまった。
有難いことです。

福祉業界は給料安く、その中でも障害の分野は特に安い。
そんなのわかってて入ったが、今日の給料日で明細を見たオギワラくんは悶絶。

住民税のバカ高さにこれまた悶絶。
とゆーか払えない。

生産年齢人口の減少と高齢人口の増加で税収がおっつかなくなっていくのはわかるが・・・、また社会福祉士として大局的にことを見なくてはならなくてはならないのはわかるが・・・、

実際この住民税を払うためには借金でもしないと払えない、という現実。

いったいどういう計算であの額が出てくるんだ?
払える訳ないじゃないか。
払いたくても払えねーよ。
ないもん。
そんな。

いやー、ちょっと考えちゃいましたよ。

今までバカにしてきた日本共産党だけど、
「庶民を苦しめる大増税に反対!!!」
と言って共産党員にでもなってしまおうかと思ってしまいましたよ。

いや笑えねー。

そんで、なんとなくカミサンに、
「SUSHI食いたい・・・。」
と言ったら返って来たのがタイトルのお言葉。

遠いな~。
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-06-10 23:22 | BLOG;その他 | Comments(0)

メシ

この1,2ヶ月ほど、カミサンが晩メシをよく作ってくれた。
オギワラくんが仕事から帰ると晩メシを作ってカミサンが待っている、という按配であった。

それはそれは幸せなことであって、一昔前の日本のオトコたちが、カミサンを専業主婦にして喜んでいる気持ちがちょっとわかった。

まあ結婚してからずっと共働きで、カミサンがメシを作って待っている、というのは前に1回2,3ヶ月あったが、それに続いて2度目、久しぶりのことであった。

まあオギワラくんのような貧乏人がそのような状況を維持するのは無理なわけであって、また明日から共働きに戻るわけだが、そんな訳でカミサンの料理によるメシを写メールした。

     コレ    
     ↓

f0153932_1826745.jpg



インドネシア料理とパキスタン料理

むろんいつもはもっとカンタンなもの、とゆーかふつーのモノなのだが。
そんな料理に気の利いたモノなんて求めちゃいないし、むしろそうやってカンタンに食事を済ませられるのが家でメシを食うメリットかな、と思っているが。
今日はたまたまインドネシアでゲットした食材をそろそろ使わなければ、ということもあり、ついでにエスニックつながりで去年の訪問から親近感を持っているパキスタンの料理になったようだ。

手前のがインドネシア料理のレンダン(牛肉)
インドネシアは基本ムスリムが多いから豚肉は食べないし、牛肉もそんなみんな食わないから、行くとアヤム(鶏)ばっか食うことになるが、牛肉もこういう風にしてタマに食う。
オギワラくんはインドネシアに行くと、スーパーに行って、こういった調味料やサンバルみたいなもの、ナシゴレンの素みたいのを大量に買い込んで帰国して食うのだが、これはレンダン用の調味料を使って作ったもの。だいたいINDOFOODというメーカーがこういったものを色々出してる。
奥のヨーグルトがパキスタンのライタ(ヨーグルト・ソース)。
パキスタンではライタの中にはタマネギとか入ってて塩味で、オギワラくんはあまり気に入らなかった。どうもヨーグルトなのに塩味、ってゆーのが合わなかった。しかしカミサンはいたく気に入ったらしく、タマネギと塩は入れなかったが、パプリカを入れたようだ。まあそんな風にしてパキスタンでも塩や野菜は好みで入れたり入れなかったりするようだ。
奥右のサラダもパキスタン風。
と言ってもトマトとタマネギとキュウリがメインになる他は、特別パキスタンのサラダの特徴ってなさげ。まあしかしカミサンは最近府中で見つけ2回程行ったパキスタン料理屋のサラダをイメージして作ったようだ。

ま、明日からなんのことはない、共働き生活に戻るが、ま、せいぜい外食で食い過ぎてデブらんようにせねばな。
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-06-02 18:45 | BLOG;その他 | Comments(0)