<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

うたかた

f0153932_19563165.jpg

先日、久しぶりに会った人に、
「最近はどうですか?」
みたいなことを訊かれて、
「幸せです。こういう生活が死ぬまで続けばいいと思っています。」
と応えた。
その人は、
「そういう言葉を聴くのは久しぶりだね。」
と言って笑った。その人はうれしそうだった。
えっ?そうだったかな、と私はハッとしてちょっと恥ずかしく思った。そんなにいつも不幸自慢ばかりだったかな?でも確かにここ10年位、そんな風に言ったことはなかったかも知れない。

でも
「幸せです。」
と言える自分のことを誇りに思う。
それが仮に鴨長明の言う、
「よどみに浮ぶうたかた」
のひとつだとしても。
私が
「幸せです。」
と言うとき、それはまぎれもなく幸せで、
だから私は幸せなのだ。


f0153932_209237.jpg

とまあ散文詩のようなものはさておき。

この前のゴールデン・ウィークは広島で過ごしたのだけれども、なぜかみなで潮干狩りに行った。
宮島は潮干狩りにも適してるらしく、最近のオギワラくんのジャポネスクの美意識からいっても宮島でいい絵を撮れればと思ったのだが、宮島へ抜ける道は渋滞でドン詰まり、行けたとしても人が多過ぎて足の踏み場もない様な状況だったそうな。
代わりに行ったのが太田川。
川で潮干狩りとは聞いたことがなかったけれど、ちょうどその日が大潮だったこともあり、かなり海の水が流れ込んでいて、太田川でもできるということで行ってみた。

あんまり地道ではないオギワラくんは太田川について、はまぐりはもちろん、あさりも採れないのがわかって完全にやる気をなくして、ちびちびとしじみを採ってはあっという間に飽きていたのだが、川べりに集った人々ののどかで平和な光景を見ながら思い出したのが、源実朝の、

世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱でかなしも


f0153932_20222274.jpg

なんか最近こういうことばっか考えてるなあ。

・・・。

ともかくそんなこんなでいま幸せなオギワラくん、潮干狩りの人々を見ながら、かつて実朝が海辺の光景を見ながら感じたような詠嘆にくれたわけですよ。
実朝も、世の中が常であって欲しい、と思ったけれどその背景には現実には世の中が常ならざる現実があったわけで、だからコレ、実朝の詠嘆であるとともに祈りでもあったワケで・・・、そこらへん、オギワラくんと同じような気持ちだったのかなあ、と思うワケで・・・。
何となくこの歌、凄いな、と思うのですが、文芸評論家の間でも実朝は別格なようだし、オギワラくんごときがあーだこーだ言ってもボロが出るだけなのでコレくらいにしときやす。

とにかくオギワラくんは今、うたかたの幸せを噛み締めています。
因みに採ったしじみは味噌汁の具になりました。

f0153932_20384973.jpg
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-05-19 20:49 | BLOG;その他 | Comments(0)

ライヴの告知

五月にライヴがあるので告知です。

①ひよこ音楽家の会
私のカミサンがその友人たちとピアノを弾いたりギターを弾いたり歌を歌ったりするようです。
私も出てピアノを4曲位弾くことになっておりますが、出番は最後の方で、もし押したりしたら躊躇なくカットされることもあるそうです。
しかしチャージが500円と安く、この店はレーベンブロイの生が300円など、デフレっぷりが凄いので、お金は安心です。
もしいらしてくれたら遠慮なく声かけて下さい。音楽はどうでもいいですが、レーベンブロイ300円でも飲みながらダラダラしゃべりましょう。
場所は阿佐ヶ谷で5月18日日曜13:30~です。
下記がURLです。

http://nextsunday.jp/info.html


②エルナ・フェラガ~モ@UFOCLUB

私のリスペクトする一人であるエルナ・フェラガ~モさんのバックでピアノを弾きます。
こちらは楽しいこと間違いありません。
エルナさんはいわゆるパリジェンヌでいらっしゃって年齢は25ans(ヴァンサンカン)です。
誕生日は12月23日で毎年25ans(ヴァンサンカン)のお祝いをなさっています。
その美貌たるや凄まじいものがあります。
そして客席は爆笑の渦になること必至です。
おススメです。
場所は丸の内線東高円寺が徒歩3分、JR高円寺が徒歩20分だそうです。
5月24日土曜で時間は19時~22時の間のどこかです。
下記にURL貼っておきます。

http://www.ufoclub.jp/index2.html

エルナ・フェラガ~モさんのHPのURLも貼っておきます。

http://www.madeleineagency.fr/

よろしかったらどうぞ。
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-05-08 20:48 | BLOG;音楽について | Comments(2)

知的障害者との関わりについて;雑感

今日、職場に発達障害研究の学者が来て、自閉症などの発達障害についての簡単なレクチャーを受けてきた。この職場に来て漠然と頭をもたげていた疑問、その前から気になっていたこと、その他、少し整理できたような感触を得たのでまとめておこう、と思う。

このようなレクチャーでオギワラくんの最大の関心事は、当然、病理、薬理、などではなく、
ではこういった障害を持った人とどう関わり、干渉(intervention)していくのがいいのか、
この点につきる。

一つにTEACCHプログラムにおける構造化モデル、というものが挙げられた。
よくわかんないけど、要するに、
いつ、どこで、何を、どのように、どのくらいの量、終わったら次は何、
といういわばプログラムを障害者に知らせて、それも早めに知らせることで自閉症の人々の心の安定につながる、というものだ。
スケジュールの枠作り、とでも言えようか、この「構造化」を以って、学者曰く、
「ゆりかごから墓場まで安定した心理を得られる」
というものだ。

もう一つはSPELLの法則、と言って、頭文字をとってStructure(構造化), Positive(肯定的な), Empathy(共感性), Low Arousal(低刺激), Link(連携),とのこと。

とにかくオギワラくんの今まで言ってきた「枠」の考え、これとこの「構造化」はほぼ同一のものだと思う。
生きていく上で枠は絶対に必要なものだし、結局何不自由なく過ごしている人は皆、オギワラくんを含めて、枠の中で生きている。3度のメシを食うこと、昼に会社に行って夜家で寝る人、仕事して休日に余暇を楽しむ人、ごはんを食べてテレビを見ること、ピアノを弾く、風呂に入る人、夜更かしをして昼寝る人、徹夜する人、とにかくこういった全ての人々は枠の中で生きている。
枠が見えなくなってしまった人、枠が自分で作れない人、そういった人々にはえてして激しい苦痛がつきまとう。きっとそういう苦しみを知っている人だけが、例えば、
「3度の食事をとることや散歩に行ったり、そういうことがとても大切なんだな、と今は思っている。」
と本当に心から言えるんだと思う。

相当話が逸れたが、こういった構造化の形跡はオギワラくんの職場でもありとあらゆるところに見られる。それぞれの障害者が自分のスタイルを持っていて、毎日それをある意味様式美的に見せてくれる。笑顔の多い職場だし、障害者たちも明るくて元気だ。



今日のレクチャーで有意義だったことに、学者は、
「新しいことをやらせない(のがいい)。」
と言ったのをオギワラくんは聞き逃さなかった時のことだ。
オギワラくんは引っ掛かったのだ。というのも何か現場で新しいことが起こったり、新しいことにみんなで挑戦している時に見られる障害者たちの新しい顔に喜びを感じることが多かったからだ。新しいことをやってはいけないのか?オギワラくんは気になってとあるケースを引き合いにだして、訊いてみた。
どういうケースかというと、平たく言うとまだオギワラくんの現場に来て日が浅い人で、とても過緊張にあるように見えた人が、最近のオギワラくんの働きかけで、硬さがとれて、表情も柔らかくなり、笑顔や、その他色々な表情を最近見せてくれるようになった人がいるのである。オギワラくんはだからその変化を喜びに感じていたし、またこの仕事のやりがいの一つだな、とも思っていた。
答えは予想通りで明快なものだった。
「彼はまだ日が浅いから何もかもが新しい(環境である)。そうやって貴方がやっているようにして心の安定を得られる行動(=シェーマ)を見つけていって、然る後、彼にとって最適になるようそれらのシェーマを構造化していけばいい。」
というもの。

さっき、
構造化の形跡はオギワラくんの職場でもありとあらゆるところに見られる。それぞれの障害者が自分のスタイルを持っていて、毎日それをある意味様式美的に見せてくれる。笑顔の多い職場だし、障害者たちも明るくて元気だ。
と書いたけれど、そういう現場になるまでには、先輩たちのたゆまぬ尽力と、洞察が集まり、引き継がれて今の障害者一人一人がキャラ立ちのいい、スポットライトを浴びることのできる現場になっているんだなあ、と思う。
前述の学者への質問の時に引き合いに出したケースについても彼はきっとそんな風に、あの現場で自分の生活を確立する過渡期なんだな、と思った。

今日はこの辺できれいにまとまって終わりにしようと思うが、今日書いたことを圧倒する、少なくとも相対化する存在や考え方について、メモしておく。

・更生という発想に対する疑問を持ち続けている同業者の元クラスメイト。彼はもう10年近く知的障害者たちとともに過ごし、同じものを食べ、遊んだり、蹴りあったりしている。
・構造化も枠も全てないところでなお逞しく生き続ける重度障害者の人がオギワラくんの現場にいる。彼の前では我々(仮に健常者とでも言うべきか)の細かな理論など何の意味も持たない。職場の先輩は彼は師匠であり、自由、なのだと言っている。ソーシャル・インクルージョン、エンパワメント、メインストリーミング、etc. 障害に関するこれら魅力的な思想や言葉も彼のフリーダムと野性の前にはもやしの栽培にしかならず、その中で彼の顔は弥勒のように輝いて見える。彼こそ現人神、更生なんていう胡散臭い安っぽい芝居を超越した存在だ。包括的社会の次は「自由」か?と思わずにはいられない。

結局、こういった対案の出現で、今日のレクチャー含め、枠、構造化、そういったものがやっぱりわからない、というか少なくとも一言で評価はできなくなってしまった。だからどう干渉(intervention)していくかもわからなくなってしまった。

でもそうも言っていられないので何かまとめたいのだけど、結局そこ行きますか、と言われそうだけど、みんなちがってみんないい(金子みすず)ので、一人一人について個別に考えていくしかないし、それができるのが学者でも研究者でもない、臨床家の特権というものだろう。
その際に新しいことに挑戦することもあるし、今日のレクチャーのように構造化して心の安定を模索していく作業もあるし、あるいは彼らの自由を(自傷・他傷のない範囲で)見届けてしびれさせてもらうこともあるだろう。
そこらへんについてはあくまで柔軟に、個別に、具体性の中で、建設的に、一人一人について丁寧に考え、もっとも妥当なアイデアを模索していくようなスタンスが必要だと思う。
一つの考えでみんなを支配することなどできるわけはない。
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-05-01 20:54 | BLOG;社会福祉士として | Comments(0)