<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

褐色いたち

ワタシはオッサンである。
流行とか、ファッションとか、よくわからない。
年下の人の文化とか言葉遣いとかには並々ならぬ関心を持っている。そしてあわよくばソレを自分のモノにしたい、と考えている。

そんなワタシは、最近妻に言った。
「なあオマエ。なんだか最近若い女の子はみんな褐色のジャンパーで首回りにミンクだかなんだか巻いたようなのを着ていて、人を探す時とか苦労するんだ。」

妻のその時の反応は薄いものだったが、今日、昼メシを食いにつつじヶ丘の駅周辺に外出した時に、コレはいい機会だと思って、上記の、褐色のジャンパーで首回りにミンクだかなんだか巻いたようなのを着ている人を見たら妻に指摘することにした。
するといるわいるわ。
家から徒歩5分くらいの寿司屋に言ってランチにぎりを食ってまた帰ってくる間に、のべ30人位のこの「褐色いたち」を見ることができた。褐色いたちを見る度に、ワタシはそっちを指差して、
「褐色いたち~」
と言い続けたので、妻は段々イライラしてきて、
「オマエ、褐色いたち褐色いたち言い過ぎ。」
と言った。

かくして夜が来た。

「クリームシチューが食いたい。」
と突然言い出した妻の願いをかなえるために、ワタシたちは自転車で5分くらいのガストに言った。
その途中でも褐色いたちを見つける度にワタシは
「褐色いたち~」
と言った。
妻は怒って、
「うるさい」
と言った。

かくして晩メシを食った後、ワタシたちはなんとなくガストに隣接する安い服が沢山置いてある割とお気に入りの服屋に行った。

そこでワタシは目を疑った。

「褐色いたち・・・」

f0153932_0212313.jpg


なんとそこには今日散々言い続けていた褐色いたち達が溢れんばかりに店の中でひしめきあっていた。驚いたことに本当に褐色いたちばかりで、他の上着がほとんど、いや全くと言っていい程なかった。ワタシは叫んだ。

「こんなんでは消費者に選択の余地が与えられないではないかっ!」

確かに服屋にあるのが褐色いたちだけなら、ワタシが普段見る若い女の子たちがなぜ一様に褐色いたちなのか理解できる。しかしそれにしても・・・。


ここにも・・・


f0153932_027078.jpg 


  あそこにも・・・




f0153932_0273866.jpg









f0153932_0281429.jpg



ワタシは興奮していた。
だから妻が少し不機嫌なのに気がつかなかったのだ。

おもむろに妻は私に、
「こっちの褐色いたちはかわいい。」
と言った。
ワタシは一瞬水をかけられたような気分になったが、
「え?オマエも、褐色いたち、行っとく?」
と聞くと妻はこっそり探してあったお気に入りの褐色いたちを取り出して着た。

f0153932_0325265.jpg

「うん、いいじゃないか。買ってしまいなさい。」
ワタシは言った。そして妻の「こっちの褐色いたちはかわいい。」を聞いて、ワタシは褐色いた  ちなどどれも同じだ、と思っていた自分を恥じた。
そして一見同じに見える褐色いたちにも、それぞれ微妙な個性があることを教えられ、ワタシ  は店中の褐色いたちのリサーチを始めた。








すると出てくるわ出てくるわ。


なんかジーパンの生地みたいのにいたち


f0153932_036532.jpg






腕にまとわりつくいたち


f0153932_0382046.jpg






白いいたち


f0153932_039274.jpg




ワタシは感じていた。
来てる、
と。
いいバイブスだ。
何もかもが褐色いたち。
褐色いたちサイコー!!!
ワタシは楽しくなっていた。
高ぶっていた。
高揚していた。
褐色いたちに。

ワタシは褐色いたちを買った妻を呼び寄せ、言った。

「オレも褐色いたち、着たい。」

妻はオレのためにとびきりオシャレで、ちょっとワイルドな褐色いたちを選んでくれた。
黒いレザー状の下地に、ゴールドのいたちがとびっきりスウィートで、クラクラきちまいそうだった。
ワタシはその褐色いたちを着て、写真を撮ってもらった。
素晴らしい夜だった。


f0153932_0452943.jpg

[PR]
by kento_ogiwara | 2008-01-20 01:03 | BLOG;その他 | Comments(7)

31年生きてて最高の映画

に出会っちゃったかも・・・。

ズバリ、

『ナチョ・リブレ』

です。

おととしお仕事でロスに行った時、向こうでやたらこの映画のポスターがモーテルの前の道にベタベタ貼ってあって、もうB級感プンプン、ってゆーかつまんなそう、と思ってたのですが、他に見るものが見当たらなかったので借りて見てみたのですが、いやはや。

言葉が見つかりません。

なぜこの映画がこんなにマイナーで、カンヌとかそーゆーのを何も受賞してないのかわかりません。ま、いいんですけど。私だけの宝物にします。

ついでにこないだテレビでやってた『バブルへGO!タイムマシーンはドラム式』、また去年見た『ロッキー・ザ・ファイナル』も、見終わった途端内容を忘れますが、見ている間はサイコー、という素晴らしい映画でした。

あと老若男女に安心して自信を持ってお薦めできるのは『がんばっていきまっしょい』です。
ヴィム・ヴェンダーズの『パリ・テキサス』、『ベルリン-天使の詩』、なども好きだし『時の翼に乗って』でのナスターシャ・キンスキーのドイツ語を聞いてドイツ語を美しいと思い、大学ではドイツ語を勉強することにしたり。ゴダールの『気狂いピエロ』も面白かった。最後のランボーの一説は海とか行くとよく思い出します。

しかし、

『ナチョ・リブレ』

こんなに詩的で美しい映画はちょっと初めてかもしれません・・・。
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-01-15 00:28 | BLOG;その他 | Comments(2)

明けましておめでとうございます。

早速ですがライヴします。

1月13日日曜
20:00~

トラベルカフェ・ミュージック
ラゾーナ川崎プラザ店

というところでオリジナル中心に、カバーを少々、おジャズを少々です。
メンツは
私、チャンプ、いとーさん、姫、妻
です。
チャージはないんじゃないかなあ。

http://www.travelcafe.co.jp/shop/musiclazona/index.shtml

試しにリハで、酒飲んでやったらどうかな、と思ってスタジオで酒飲んで演奏してみましたが、どーもダメみたい。本番は酒飲まないでやります。
酒飲まないけどしっとりやりたいもんです。
でも、どうしよう・・・、アタシ、ガラスのハートだから、キャー!

==================================

全くカンケーないんですが、雪降る元旦の広島で1年の計は元旦にあり、というから書初めも兼ねて今年の抱負を書いたのですが、紙だと邪魔だし間違って捨ててしまうのでここに大公開!
恥ずかしー!
キャー!!!!!

福祉頑張る。
5枚目のオリジナル・アルバム作る。
ライヴ頑張る。
ジャズ・ピアノとしてはセロニアス・モンクの曲をもっと覚える。
体をもっとしぼる。暴飲暴食をせずに腹八分目で。寝る前に食べない。
フットサルを定期的にやり、体重70キロを切る。

とある。

付け足しに、

2月に茨城にアンコウを食いにいく。
広島のカキを実家に振舞う。
大阪に行く。
奈良・京都に万葉・平安旅行に行く。

とある。

そんなカンジで今年もがんばります!
[PR]
by kento_ogiwara | 2008-01-07 00:00 | BLOG;その他 | Comments(2)