<< わさびとかつお節 江ノ島 >>

麻婆豆腐

この1~2年、湘南に遊びに行くと、帰りに横浜へ寄って中華街で夕食をとることが習慣になっている。
景徳鎮という店で四川風麻婆豆腐を食べるのだが、辛くて山椒のきいたしびれんばかりの味に夫婦してハマっている。妻は山椒があまりに気に入ったのか、先日中華街で食事した帰り、中華食材屋で山椒を購入していた。
そして今日、ひき肉と玉ねぎがあったので豆腐を買って麻婆豆腐にしようと思う、と妻にメールすると、“山椒を使って!”とリクエストが来た。
f0153932_23134662.jpg
中華街で買ったまだ実のままの状態の山椒をすりこぎですっていくこと10分あまり、香ばしい香りがしてきたら山椒のスタンバイOK。

麻婆豆腐の作り方は様々だと思うが自己流で書くと、まず鍋にごま油をしいて、みじん切りにした玉ねぎを加えて炒める。
玉ねぎに火が通ったらひき肉を加えてさらに炒めて塩コショウを軽くふる。
ひき肉に火が通ったらオイスター・ソース、豆板醤を加えてさらに炒め、最後に豆腐を加え全体がまとまってきたら、すった山椒を入れてヘラで全体を絡めていく。
最後に片栗粉を水でとき入れ、とろみがついたら完成。
f0153932_21261461.jpg
妻はもりもり食べて、“バカうま!”と喜んでいた。
普段から景徳鎮でかなり辛くて山椒の痺れも強い麻婆豆腐を食べ慣れているので、このお手製麻婆豆腐はそれほど山椒の香りを強くは感じなかった。“そんなに山椒山椒してないよ。”と言った上で両親にも食べてもらったが、両親は“いや(山椒の風味が)なかなか効いてるよ。”、“山椒は小粒でもピリリと辛い。”と少し両親にはちょっと刺激が強い麻婆豆腐だったみたいだ。
自分としてはとてもおいしかったので、また作ろうと思う。









[PR]
by kento_ogiwara | 2017-05-17 23:17 | BLOG;その他 | Comments(0)
<< わさびとかつお節 江ノ島 >>