<< 貰い物でご馳走 2年目の東北;女川・石巻を訪れ... >>

2年目の東北;女川・石巻を訪れて vol.6

2回目の東北ボランティア・バス・ツアーで女川・石巻を訪れた翌週、こんなイベントがあったんです。ズバリ、
おながわ秋刀魚収穫祭 in 日比谷公園!!!
です。
女川の瓦礫のうち、まず10万tにつき受け入れをした東京都に対するお礼にとして、女川でとれた秋刀魚10万tが無料で振まわれる、というイベントです。
おいしい女川の秋刀魚が、
焼き秋刀魚 5000匹
女川汁   10000杯
10匹パック 3000パック
無料で振舞われる、という大盤振る舞いです。

私もボランティア・バス・ツアーでお世話になっている法人から、秋刀魚の焼き部隊に誘われましたが、翌日の日曜が仕事だったため断念(だって焼き終わったら当然ボランティア仲間と100%とことん飲むでしょう。飲まないで帰るほど私はオトナではない。)、今回は楽しむ方、ということで握り飯持参でたっぷり女川の美味しい秋刀魚を堪能してきました。

ホントはこのイベントにもいろいろな人のいろいろな思いが込もっているのですが、今回の私の投稿では、ただただ楽しかったこの日比谷公園の雰囲気を伝えられれば、と思います。
f0153932_17562485.jpg

結局21万人もの来場者があったというこの日、行列に並んでいると、見えました!秋刀魚を焼く煙がもうもうと・・・。
そして!
やってるやってる!!!
f0153932_1758376.jpg

この秋刀魚の列が50mくらいかな、ずっと連なっていて壮観でした。
そして秋刀魚をゲットーッ!
f0153932_17593894.jpg
 
旨い!!!
女川の人は秋刀魚にしょうゆをかけないのですが、私もしょうゆはかけませんでした。しょうゆをかける必要がない程、新鮮で、生臭さがなく、塩を振るだけで本当に脂が乗っていておいしくコク・旨みもありながら、しつこさや生臭さが全くないんです。むしろしょうゆをかけちゃ勿体ない!という位そのままが美味しいです。
f0153932_1832862.jpg

T-シャツは女川福幸丸のメンバーが企画・運営する音楽フェスティヴァル、我歴ストックの手伝いで7月に女川を訪れた時に買ったもの、タオルは今月の2回目のツアーで泥カキをした蛤浜のタオル、手にもているのは女川のかまぼこ屋さんで震災直後から避難所を回って食料としてかまぼこを届けたり、最近では女川の再生のために多くの人々を従業員として受け入れている高政さんで買ったおいしいわさび塩。
ここには女川の小学生たちの夢が書かれている。
f0153932_188148.jpg

女川の思い。
我歴ストック、来年もよろしく頼みます、飛べ!!!という女川福幸丸のメンバーの書き込み、さらには子供たちのヒーロー、リアスの戦士イーガーの、いいがあ~?おめだづ、よーっぐ聞け、女川の元気はオイが守る、というような書き込みもありました。
f0153932_1815090.jpg

ふと歩いていると、目を一瞬疑う。
え!?アレ!?えーと・・・、なんで!?
というのもそこにいたのはジャズ研の先輩で素晴らしいピアニストで作曲家のフクシマシュンさんが!!!
なんでも個人でこのイベントのボランティアに申し込んだそう。それで秋刀魚をボランティアで焼いていて、そこに秋刀魚を食べに来た私と鉢合わせた、ってわけ。
ビックリだ!
秋刀魚を焼くフクシマさん。
f0153932_18181781.jpg

もちろん忙しい中お話に応じてくれました。
フクシマさんも私たちとは別口で福島県いわき市にボランティアで行ったそう。
よく一緒に飲んでる時に、東北のことで心を痛めているのは知ってたし、よく話もしたけど、フクシマさんも現地に行ったんだなあ。
私“そっかー。まあ東京でヤキモキしてるより被災地に行っちゃったほうが心のモヤモヤが少し取れるよね。”
フク“うーん、現地のニーズに合ってて役に立ってたらいいんだけどなあ。”
私“オレが行ってるツアーのNPOの人は、ボランティアは参加した時点で成功、とも言ってるよ。”
などなどおしゃべり。
来年の女川・我歴ストックの手伝いのボランティアには一緒に行くことを約束して一緒に記念撮影。
f0153932_18232780.jpg

締めはコレ。
f0153932_18232667.jpg

女川汁ってなんでしょう?
お、何やら巨大なこのような鍋が何箇所かにあるぞ。
f0153932_18241585.jpg

そうです。
女川汁は、つみれ汁なのですが、女川汁のつみれは、や・は・り、秋刀魚のすり身を使っています。コレがまた美味しいんだあ・・・。
f0153932_18262169.jpg

見た目も綺麗でしょ?
ホントに味も綺麗で美味しい!!!

と、麗らかに晴れた秋の日、日比谷公園で女川の美味しいものを満喫したのでした!
美味しかっただけでなく、秋刀魚の焼き部隊だけでなく、お客さんの誘導など、いろいろなところで東北で女川や石巻で活動を共にしたボランティア仲間とも一気にたくさん会えたりして、それも嬉しかった。もちろんいっぱいボランティア仲間と写真も撮りましたが、まあ一応WEBなのでここでは貼るのはなしで。フクシマさんはなんか許してくれそうだからヨシとして(笑)。

本当にこういう形で人々が繋がっていくのがすごく楽しいです。
ボランティア・バス・ツアーも、こういったイベントでも、みんな最後には仲良くなって、楽しいんです。
この日もそんな1日でした。

そして最後になりましたが、女川の皆さん、ありがとうございます!&また行きますね!!!
[PR]
by kento_ogiwara | 2012-10-28 18:33 | BLOG;社会福祉士として | Comments(0)
<< 貰い物でご馳走 2年目の東北;女川・石巻を訪れ... >>