<< ヤマ越えた 東京から~東日本大震災レポートⅦ >>

介護福祉士になった

国家試験に合格した後、さらに財団法人社会福祉振興・試験センターなる法人に万単位の金を納めて“登録”なるものをする。
この天下り財団法人に万単位のお金を納めて“登録”なるものをして初めて、介護福祉士を名乗ることができる。
いくら勉強したって国家試験に合格してもダメなのである。
みんな合格して喜べるのも束の間、さらに見たことも聞いたこともない様な財団法人に破格の金を納めないと社会福祉士なり介護福祉士なりになれない。もしこの天下り財団法人に金を納めないで、国家試験に受かった後に社会福祉士、介護福祉士なりを名乗ると、罰則の対象となる、というヤクザとも押し売りともつかないような財団法人の脅迫を前に、みんな仕方なくなけなしの金の中から万単位を捻出して社会福祉士、介護福祉士の名を買うのである。
そうやってこの天下りの温床福祉業界の最悪な腐りきった流れに加担すると下記のようなものが届く。
f0153932_1843440.jpg


無事、介護福祉士になりました。
受験資格は色々あるけど、私が使った受験資格は介護業務の実務経験3年、というもの。実質細々とした規定があってこのタイミングでの受験となりましたが、私の介護実務経験は現時点でもゆうに4年を超えています。
私はよく頭がいいと言われるし、オギワラさんなら受かるっしょ、とか言われるし、そんなこんなで受かっても誰もたいして祝福してくれなかったし、ああ、良かったねくらいのものだった。
でもはっきり言わせて貰っていいですか?
私はこのキツイ上賃金も安くて(自分ひとりで思いつめて2年連続でダブルワークもした。塾講師とフレンチ・レストランでのピアノ演奏。どちらも最悪だった。)、感情労働ゆえ心理的負担も大きく、またそんなもろもろで離職率も極めて高いこの業界で3年以上頑張ったんです。キツイ上賃金も安くて離職率も高くて、そしてこの社会の中である特別なニーズを有しているマイノリティの人たちのために3年以上(現時点で実質4年以上)頑張ったんです。
社会福祉士をとって今の現場に入ることを決めて、少なくとも社会福祉士をとったら現場を3年、という目標を立てた。いくら社会福祉士をとっても現場が分からなければ何も見えてこない、アタマと能書きだけの社会福祉士にはなりたくない、と思って現場を選び、初志をそうやって貫徹してようやく達成した一つのモニュメントです、この紙切れは。
ラクではなかったんです、この3年だって。
私がアタマが良くて、すんなり受かったと思ってる人、及び別にこの介護福祉士取得に関して私が特に何の苦労もして来てないと思っている人、落ちるのはいやだけど受かってたら受かってたでおめでとう、の一言も、ご苦労さん、の一言も、お疲れさん、の一言も出ない人たちなどに本当のことを言わせてもらう。

オレはこの紙切れを、努力と忍耐と根性でとった。
努力と忍耐と根性がなかったらっこの3年は乗り越えられなかった。
努力と忍耐と根性がなかったら今回の試験の時のベースにもなった社会福祉士取得のための夜学通学での勉強及び社会福祉士合格も成し得なかった。(夜学の時などは質問しまくるので一部の先生は私のことをいやがってた、or恐がっていたし、授業中に私語をしている生徒がいて先生の声が聞き取りづらかったのでその生徒二人を教室の外に追い出したりもしていた。)
現場に入ってからも常に学びの姿勢を忘れないで日々の業務に当たってきた。
職場で行われる学者による勉強会などの折にはいつも一生懸命聴いて、気になったことなどは躊躇なく質問してきた。
この紙切れは全てオレの、
努力と忍耐と根性の、
結晶だ。
このことは恐らく、日々努力と忍耐と根性で生きていない人にはわからないだろう。そういうヤツはまあせいぜいこの紙切れ一つのために駆けずり回っている私を勝手に笑ってるがいい。
オレの努力と忍耐と根性を認めてくれる人だけがこの紙切れのことで賛辞してくれればいい。

逆風ばかりだけど、絶対オレは折れない。
オレには信念もある。
頑張る対象がジャズであろうがピアノだろうが、オリジナル・アルバム製作であろうが、そしてもちろん、この社会福祉士としての仕事であろうが、オレは、
努力と忍耐と根性、
を最大の武器に切り開いていってやる。

オレからは以上だ。


P.S. なんか話の流れで、この財団法人社会福祉振興・試験センターについて少し調べてみたのですが、収入は受験手数料、登録手数料でまかなっているそうです。

ざっと計算して介護福祉士の受験手数料が12800円で13万人位が受けるとして16億6400万円。
          社会福祉士の受験手数料が11100円で4万人位が受けるとして4億4400万円。
合格した場合の登録手数料が介護福祉士が3320円で半数くらいが受かるとして1億円位。
                   社会福祉士が4050円で3割くらいが受かるとして4000万円位。

1年に1回の介護福祉士・社会福祉士でこの財団法人に入ってくる収入はざっと22億4800万円位。

それとは別に合格者はこれとはさらに別に「登録料」なるものを介護福祉士は9000円、社会福祉士は15000円この法人に払います。そのお金はどこへ行ってるんでしょうね?

因みにこの財団法人、一応は厚生労働省から指定された民間機関、ということになっており、どういった支出がされているのか、といったところもチェックが入りにくいとのこと。一体何にこれだけのお金を使っているのでしょうかね?

最近ではさすがにコレはまずい、と思ったのか最近受験手数料などを減額したり、この法人の役員、人員を減らすようにお上からお達しが来ているみたいですね。
いやまずいでしょう、実際。
人の道を外れるにも程があるってもんでしょう。

この財団法人社会福祉振興・試験センターについては非常に多くの介護福祉士・社会福祉士が怒りの思いを禁じえないようだ。
とある社会福祉士のブログにもそのとある顛末の一つが記事にされている。
参考までにご覧になってみてもいいでしょう。
こちらがそのとある社会福祉士のブログです。

本当にこの業界からこういった福祉の精神からおおよそ相容れない天下りがなくなることを願ってやまない。
この国の未来のこと、社会保障のこと、その都度立ちはだかる財源の話、といったことはせめてこういう露骨な社会悪が根絶されてからにしたい、と改めて思いました。
[PR]
by kento_ogiwara | 2011-05-14 19:22 | BLOG;社会福祉士として | Comments(4)
Commented by sooona at 2011-05-16 04:41
合格おめでとう。
いや、想像もできないけれど、ほんとうによくがんばっているんだろうと思う。ただでさえ、いまどき3年以上同じ場所で働くって言うのはすごいというのに、体力、精神ともにエネルギーをたくさん使って。。。

それにしても、その行く末のわからないお金っていうのはいやね。声をあげるべきことが、まだまだたくさんあるよね。しかし、こうしてブログにけんとくんが書く事で、他人も違う世界の実情がわかるのでとてもよいと思うわ。私もべんきょうになります。
Commented by kento_ogiwara at 2011-05-16 19:48
すなさん、ありがとう。まだまだ今の現場で頑張りたい、頑張れる、と思います。この金の話はホント氷山の一角。ジャズ研とかでも社会保障や福祉とかの話になるんだけど、財源がない、というところで話がもの別れになることが多いんだよね。でもやっぱり高級官僚の天下りで転職を繰り返してその度に退職金をかすめとる世界でも有名な“渡り鳥”や、もっと足元でも市区町村レベルでも介護保険施設、障害者施設などで必ずと言っていいほどその市区町村の役所からの天下りがいて、何にもしないでただ1日座っているだけで金だけ取っていったり、あるいはポケット・マネーで道楽で職員やとったり、ホント、惨憺たるモノなんだよね。財源不足を理由に人間的な判断に限界感じる前に、このあきれるような想像を絶する天下り天国という悪しき構図を変えないとね。というかそれを実行すれば財源の問題もかなり克服していくことが出来るかも知れない。そんな風に思うほど実状はひどいものがあります。ほんと、いつなくなるんだろうね、天下りや、公務員の公定力・不可争力・直接執行力といった公務員を仕事の素人にしている特権・・・。こういった無駄・社会悪がなくなることを本当に祈っています。
Commented by rumbo at 2011-05-22 22:29 x
お久しぶりにおじゃまいたしまして、ありゃりゃりゃと思い、あわててコメントしております。

おそらくオギワラ様の見つけられrumboさんは、同名で違う方なのではないか、と・・・。

介福恥ずかしながら落第でしたが、また来年がんばりますばいo(^▽^)o

Commented by kento_ogiwara at 2011-05-24 20:20
rumbo様、

ありゃりゃりゃ、そうでしたか。私が見たのはanother rumbo様でしたか。失礼しました。

介福、残念でしたね。しかしまだチャンスはありますので頑張ってくださいね。
<< ヤマ越えた 東京から~東日本大震災レポートⅦ >>