夏の江ノ島

f0153932_16143711.jpg
先週末は今年2回目の江ノ島。
この日の前日まで17日間連続で東京は雨だったが、この日の江ノ島は晴れていた。
ラッキー。
朝10時過ぎに小田急線の片瀬江ノ島駅についたので、妻の念願を果たすべく、片瀬漁港で魚を買ってその場で食べるというのをやりに行った。前情報だと、雑魚やハネものの魚が300円くらいでたくさん買えるとのことだったが、果たしてまさに写真の通り、これだけ入って200円というのが唯一売れ残っていた。
他の魚を丸飲みしかけたままの魚がグロテスクだが、他の魚をさばいていても、おなかの中に丸飲みした魚が入っているのがかなりの確率であり、日頃からいかに自分たちが商品・加工品の魚しか目にしていないかを感じた。自然って凄いな。
f0153932_11005136.jpg
f0153932_11053346.jpg
f0153932_11063899.jpg
ハサミを使ってアタマと肝やヒレをとる妻。
やればやるほど手際が良くなってスピーディーに魚をさばいていっていた。凄い。
私は下処理をした魚を水で洗う係。
青空の下調理されたアジやイワシを刺身でしょうゆをつけて食べる。
おいしかった。二人で言っていたのは、ワサビがあればよりおいしかったな、ということ。
次回はワサビ持参でまたチャレンジしたい。

江ノ島に登る。
海は相変わらずきれいで、今回はトンビがたくさん海の上をゆっくりホバリングしていた。
この写真にも黒い点があるがこれもトンビ。
f0153932_11201027.jpg
f0153932_11214860.jpg
江ノ島の頂上で売っている横須賀海軍カレーパン。
一個250円とちょっとするが、江ノ島に登るとついついいつも買ってしまう。
レンジの温めなおしだが、何気にかなりおいしい。

いつもの場所に夕日を見に行く。
この日は一日晴れたのだが、夕方だけ雲が多くて、日没の瞬間を見ることは出来なかった。
むしろいつもよく晴れていたんだな、と思う。
お日様も、水平線に浮かぶ富士山もいつも見えたもんな。
それでも日が落ちて全体がオレンジ色に色付けされているようなこの浜辺はやっぱり好きな場所。
f0153932_11081393.jpg
f0153932_11085894.jpg
f0153932_11112442.jpg
f0153932_11225855.jpg
日が落ちた後、いつも行っているイタリアンの店で、生シラスのカルパッチョ、シラスと焼きネギのピザ、ゴルゴンゾーラのニョッキ、モッツァレラ・チーズとバジルのトマト・パスタを、二人で改めて“ここの料理、うまいよね。”と確認しながら平らげた。
夜は江ノ島の洲鼻通りにある民泊に泊まった。
流石に夏真っ盛りのハイシーズンで、前回江ノ島に来た時の一泊2人で5000円とはいかなかったが、朝食込みで1泊10000円のところに泊まることができた。洗面台やシャワーもあって快適、ダブルベッドもけっこう広くて、あっという間に眠りこけてしまった。

翌日はまず東浜でちょっと水遊び。
水が意外なほど澄んでて、足を浸すと気持ち良かった。
水温もちょうど良く、水着を持ってきて海水浴してもよさそうだ。
f0153932_16342428.jpg
f0153932_16333329.jpg
f0153932_16421622.jpg
海で遊んだ後は、洲鼻通りの忠兵衛さんで生シラス丼を堪能。
生シラスは1月~3月が禁漁期間だそうで、また秋になって行楽日和の日があったらまた生しらす食べに湘南に来たい、と思う。

二日目はヨットの停泊所である湘南ハーバーに行ってぼんやり過ごした。
特に何があるというわけではないのだが、風がずっと吹いているのが心地よかった。
私たち以外にも炎天下、この港で読書をするツワモノの外国人観光客や、よく日焼けした地元の人が何をするでなく座っていたりした。
f0153932_17160895.jpg
f0153932_17112434.jpg
f0153932_17091945.jpg
江ノ島に着いてすぐに片瀬漁港で買った魚は、とても全部は食べられないのでさばいた後保冷バッグを買って自宅にクール便で送ったのだが、ちゃんと肝を取ったり下処理をしていたおかげか、東京に着いても傷んでいなかった。
それの一部をアクアパッツァにしたがとても美味しかった。
買った魚の中で一番グロテスクな感じのダツは衣をつけて揚げてあんかけを絡めて南蛮漬けのような感じで食べたが、これが淡白な身で臭みがなく、あんかけにピッタリでおいしかった。一部にはサメより恐いと聞くダツだが、まさか自分がそれを食べることになるとは思いもしなかった。
約3日にわたり、湘南の美味しい海産物をいただいた。
写真はアクアパッツァ。
f0153932_17401782.jpg
勢いで買った大量の魚だったが、無事きちんと食べつくせてよかった。
次回漁港で魚を買う時は、その場で食べきれる範囲で、アジやイワシを1~2匹だけ買えるといい。






















[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-08-24 17:54 | BLOG;その他 | Comments(0)

2017 summer

f0153932_09180179.jpg
f0153932_09183881.jpg
f0153932_09190453.jpg
f0153932_09192918.jpg
f0153932_09195979.jpg
f0153932_09203397.jpg
f0153932_09205664.jpg
f0153932_09212449.jpg
f0153932_09215696.jpg
f0153932_09221609.jpg
f0153932_09223956.jpg
f0153932_09225831.jpg
f0153932_09232409.jpg
f0153932_09234723.jpg
f0153932_09241574.jpg
f0153932_09244260.jpg
f0153932_09251616.jpg
f0153932_09253964.jpg
f0153932_09260603.jpg
f0153932_09263275.jpg
f0153932_09270806.jpg
f0153932_09274958.jpg
f0153932_09281529.jpg
f0153932_09284590.jpg
f0153932_09291245.jpg
f0153932_09294210.jpg
f0153932_09300502.jpg
f0153932_09303738.jpg
f0153932_09310876.jpg
f0153932_09313397.jpg
f0153932_09320374.jpg
f0153932_09322306.jpg
f0153932_09324916.jpg
f0153932_09331825.jpg
f0153932_09334220.jpg
f0153932_09340532.jpg
f0153932_09343361.jpg
























[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-08-15 09:35 | BLOG;その他 | Comments(0)

清歌集

最近小学校4年生になる姪っ子が百人一首にハマっている。
先日家で一緒に競技かるた形式で遊んだ。姪っ子はもう大方の歌を覚えていて、百首全て覚えるのは時間の問題のよう。もうだいぶ忘れている私は簡単に負けてしまった。百人一首に興味を持ったきっかけは漫画の『ちはやふる』だそうで、それで競技かるた形式で、ということらしい。
f0153932_16305781.jpg
私も小学4年生の頃は、やはり百人一首が好きで、百首全て覚えていた。
私はなんでも、誰かがやっているのを見るより自分でやる方が好きな性格だったので、すぐに短歌を自分で作って遊ぶようになった。
さらに行動的なところもあり、クラスを巻き込んでしまえ、と思って、担任のF先生にクラスのみんな一人ずつ一首短歌を作って、歌集を作ろう、と持ち掛けた。F先生は私の人生での最初のヒーローで、放課後に一緒にサッカーをしてくれたり、生徒たちで脚本から演技、撮影まで全てした、『飛び出せ!青春』という青春ドラマを一緒に作ってくれたり、子供心に、自分は将来小学校の先生になりたい、と思わせてくれた若い男性だった。
私の歌集を作りたい、との要望に見事なノリの良さで応じてくれた。
かくしてクラスのみんな全員が一首、57577のリズムに言葉を乗せて短歌を作り、それをF先生が『清歌集』と名付け、簡易製本してみんなに配ってくれた。先生に「清い歌なの?」と聴くと「清らかな歌かな。」と答えていたな。
もうこの『清歌集』、どこかに行ってしまってもう読めないのだが、もしあったら、自分の歌もさることながら、友達たちが、ああ、そうか、こんなことを思っていたんだな、とか、この人はこんな言葉を使うんだ、とか楽しめた思う。今ないのはちょっと残念。

F先生とは小学3,4年一緒で、5年生になるとき、私は別の担任のクラスになりF先生とはお別れになった。新しい担任が嫌だったわけではないが、5年生になってしばらく経ったころ、私はF先生に歌を詠み、送った。F先生との時間が楽しかったこと、5年生6年生もF先生のクラスでいたかったこと、どんな歌だったかは忘れてしまったが、そういう気持ちを歌に込めてF先生に送った。
すると暫くしてF先生から「返歌」が返って来た。
どんな歌だったか、忘れもしない。

思い出は 心のページに 書き記し 
力の限り 今を頑張る

思い出に浸ったり、あの頃は、と振り返ったりするのはもっと歳をとってからでいい。今その時を懸命に生きろ、と。それで大丈夫だから、だからF先生も私を手放したんだ、と母も言っていたのを思い出す。
ご存知の通り、私は懐古的な人間だ。恥ずかしながら小学5年生でその片鱗があったようでちょっぴり苦い思いだ。最近は特に懐古的になっていたから、この話を思い出して、時には「今を頑張る」ことを考えるのもいいかな、と思う。
何はともあれ、ふとそんなことを思い出させてくれた姪っ子との百人一首遊びだった。





[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-07-12 17:41 | BLOG;その他 | Comments(0)

飛鳥山公園

先日、紫陽花を見に飛鳥山公園まで行ってきた。
とそれは口実で、まず池袋で降りて滝野川大勝軒で昼ごはん。
f0153932_10274336.jpg
f0153932_10484818.jpg
池袋に移転する前この店は私たち夫婦が住んでいた北区の滝野川にあり、よく二人で食べに行っていた。
食べ慣れた懐かしい味。

東池袋4丁目から都電に乗って、王子方面へ。
学生時代からよく妻やジャズ研の仲間たちと遊んでいた飛鳥山公園に行く。
紫陽花が見頃を迎えていた。
湘南新宿ラインなどの列車を背景に思ったよりたくさんの紫陽花を見ることができた。ここは知る人ぞ知る紫陽花の名所なのか多くの見物客がいて、紫陽花を背景にお互いを写真に撮ったりしていた。
f0153932_10492227.jpg
f0153932_10494580.jpg
紫陽花を堪能した後、ここもかつてよく通った銭湯である飛鳥山温泉に行った。
ここはシャンプーとボディソープが無料で置いていて、タオル一枚あればぷらっと立ち寄ってもしっかり体を洗えていい。露天風呂もあって快適。
地域の子供たちもたくさん来ていて、おおらかな雰囲気が心地いい。
風呂の後はフルーツ牛乳で締めた。

飛鳥山温泉を出て、やはりかつて足繁く通ったゴリノスという洋食屋で夕食。
ビーフカレーとシーフードグラタン。
〆て1112円。
f0153932_10502533.jpg
f0153932_10505078.jpg
お財布に優しく、かつ美味!
この店に初めて来た大学生のとき、ここのビーフカレーにサワークリームがかかっているのを見て、
「なんてオシャレなんだろう!」
と思ったよね、とか妻と話したりした。
シーフード・グラタンも美味しくて380円と圧巻のリーズナブルさ。
また来たい。










[PR]
# by kento_ogiwara | 2017-06-22 22:24 | BLOG;その他 | Comments(0)